占い 夢占い

神社の夢の意味とは(夢占い)⛩お守り、結婚式、掃除、鳥居、巫女、お賽銭、幽霊、お祓い、おみくじ、霊的、神聖など

今回は【夢占い】神社の夢の意味とはについて書いていきます。

神社というと参拝をしたりお守りを買ったりなど、なにか願い事をする場所という風に思い浮かべる人や、幽霊などの怖いことを思い浮かべる人など様々ですよね。

では、夢に神社が出てくると「夢占い」ではどういった意味を示しているのでしょうか。

なにかの予兆?警告?もしかして呪い?

しっかりと意味を理解して清々しい毎日を送るために、夢占いをチェックしておきましょう!

 

神社の夢の基本的な意味とは

夢占いでは、神社が夢に出てくるとほとんどの場合が吉夢とされています。開運効果や浄化効果があなたの中に宿った暗示。悪いものを浄化し、いい運気が開かれることで、いろいろな面であなたを幸運へと導きます。

霊的な意味があるともされていて、神社の夢を見る人は強い力をもっていることを示しています。

弱い霊が助けを求めて来てしまうことがあるかもしれません。これはちょっとこわいですよね・・・そんなときは心の中で「私はなにもできません」と念じるといいそうです!

参拝する夢

手を合わせ、神様にお願いごとをしている夢を見るのは現実と同じくあなたが強い信念をもち叶えたいことがあるということ。

そのことに行き詰まりを感じ、なにかにすがりたいという少し弱気な状態を示しています。

でも、もう大丈夫です!

この夢が予知していること、それは「願いが届き、叶うこと」あなたが夢の中で神様にお願いしていたことが実現し、叶う時が来たという喜ばしい予兆なのです。

神社だけに、とってもありがた~い吉夢ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました