一粒万倍日の意味とは?📆由来・根拠やwikiや読み方や決め方を教えて!

一粒万倍日って知っていますか??

一年366日の中でも少ししかないと言われる吉日のひとつです。

今日はこの一粒万倍日について詳しく調べてみましたー(*^_^*)

ぜひ読んでいただけますと嬉しいです!

 

一粒万倍日の意味とは?

一粒万倍日の意味とは何なんでしょうか?

wikipediaから引用しますとこういう意味があります。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち)は、選日の1つである。単に万倍とも言う。

「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされる。

一粒万倍日は数が多いことから、他の暦注と重なる場合がある。その場合、吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なったら半減するという。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E7%B2%92%E4%B8%87%E5%80%8D%E6%97%A5

wikipediaに掲載されている説明。分かりやすい説明ですね!

もっと分かりやすく説明するならば、手元にあるわずかな物で始めたコトが何倍にも膨らんで大きな利益として自分に返ってくるという意味です。

そのため、この一粒万倍日に始めたことはのちのち、大きな成功をしやすいとも言われています!

そのため・・・この日に結婚式を挙げたり、入籍したり、宝くじを買ったりする人も多いです。

ただし、注意したいのは悪いことをこの日に始めるとその悪いことが何倍にもなって自分に返ってくるので注意しましょう。

例えば、借金やローンを組んだり、けんかなども何倍にもなって返ってくると言われています。また、凶日と重なると一粒万倍日の効果は落ちると言われているので注意が必要です。

まさに一粒が万倍になりますね!!

さて、その一粒万倍日ですが誰が決めたんでしょう?

というか・・・なんて読むの??そんなことを思う人もいると思うので、

一粒万倍日の由来や読み方や決め方もまとめてみました(*^_^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました