結婚式の夢の意味とは?(夢占い)

今回は【夢占い】結婚式の夢の意味とはについて書いていきます。

結婚式という行事は、人生の中で何度も何度も経験するものではないですよね。

まだ一度も結婚式という場を経験したことがない人もたくさんいることでしょう。

それほど人生においては「一大イベント」である”結婚式”の夢を見ることには、どんな意味があるのでしょうか。

「まさか婚期が近づいているのか!?」

・・・とドキドキしてしまいますよね。

自分が主役の結婚式なのか、自分が招待された結婚式なのかによっても大きく意味が変化します。気になる!という方はぜひ最後までご覧ください♪

 

結婚式の夢を見る基本的な意味とは

夢で見る結婚式には思い描く「理想」と「希望」が大きく関係しています。

いい夢だったのなら、あなたが思い描く「理想」の未来になることを暗示し、「希望」に満ち溢れる未来の予兆です。

しかし悪い夢だった場合、反対にあなたの「現実」にこれから「絶望」が訪れるかもしれないという警告になっていることがあります。

警告の夢だったとしても、意識して気を付けて生活をすることで「絶望」を回避することが出来ます。

危険サインに敏感になることを心がけて!

また他にも結婚式の基本的な夢の意味は、

・転換期

・憧れ

・不安

などを意味しています。

結婚式の基本的な夢には、転換期や憧れといったいい意味を持つ暗示もありますが、夢の内容次第ではフン会やトラブルといった悪夢や警告夢になることもあります。

あなたの見た夢にはどのような暗示が隠されているのでしょうか。

夢に隠されたメッセージが気になるという方は、夢の内容を思い出しながらご覧になってください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました