ニュース

感染隠しが横行中か?とネットで物議

ニュース

新型コロナウイルスの影響で国内の様々な企業に影響が出ています。

相次ぐ新型コロナウイルスによる関連倒産 北海道でも

北海道三富屋(株)(TSR企業コード:012217670、法人番号:8430001047345、夕張郡栗山町杵臼274-3、設立2005(平成17)年6月、資本金1600万円、三田正広社長)は2月21日、札幌地裁岩見沢支部へ破産を申請し2月25日、破産開始決定を受けた。破産管財人には開本英幸弁護士(開本法律事務所、札幌市中央区南1条西12、電話011-272-6789)が選任された。
負債総額は7446万円。

コロッケ製造業者。自社工場にて地元産じゃがいもを原料とする「くりやまコロッケ」を主体に、ビーフコロッケや、かぼちゃスープを製造するほか、じゃがいも生産なども手掛けていた。また、地元食材を使った洋食レストラン「蔵」も運営し、一時期は小売店舗も経営していた。
主力のコロッケは地元テレビ番組で紹介され、全国の催事販売に出店をするなど知名度を有し、ピーク時には約1億円の年間売上高を計上していた。しかし、価格競争が厳しく赤字を散発し債務超過に陥り、苦戦を強いられていた。
小売店をレストランに集約するなどで業況改善を図っていたなか、イベント出店を計画していた「さっぽろ雪まつり」の抽選にはずれて出店することができず、近隣商業施設へ出店を行ったものの、新型コロナウイルスの影響から外国人来場客が伸び悩み、思うような集客ができなかった。資金繰りが限界に達したことで事業継続を断念し、今回の措置となった。

引用元

相次ぐ新型コロナウイルスによる関連倒産 北海道でも
北海道三富屋は札幌地裁岩見沢支部へ破産を申請し2月25日、破産開始決定を受けた。北海道の自社工場にて地元産じゃがいもを原料とする「くりやまコロッケ」を主体に、ビーフコロッケやかぼちゃスープを製造するほか、じゃがいも生産なども手掛けていた。

人組ロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎さんが、新型コロナウイルスによるツアー中止の可能性について言及し、破産の可能性を述べるなど様々なところで影響が出ています。

その結果・・・。

一部の企業で「#感染隠し」を行っているのではないかという報道も流れてネット上で話題になっています。

「原宿のとあるアパレルショップから1人の店員が消えた。全然出勤していないみたい。その前には、どう考えても症状が出ていた」

「銀座の老舗クラブで働く女性もここ最近、店に姿を見せなくなった。体調が悪そうだったが、店側が女性を自宅待機にさせているらしい」

ここ最近、都内繁華街では、“行方不明”になった人たちの情報が飛び交っている。2人とも新型コロナウイルスの感染が疑われる症状が出たが、医療機関で検査を受けていない。ひたすら自宅で“隔離”を続け、症状が治まるのを待ち続けているという。ウイルス拡散の恐怖が広がるなか、この2人のケースは決して例外ではない──。

引用元: NEWSポストセブン

新型コロナ、営業停止を恐れ従業員の“感染隠し”横行か|au Webポータル
au Webポータル

 

感染隠しについてネットの声

コメント

タイトルとURLをコピーしました