風水 コラム

【風水】靴の捨て時は?運気が上がる靴の捨て方!捨てる基準や必要数や買うのを避けたい靴など

風水

今回は靴の捨て時を紹介します!

みなさんは靴を大事に履いていますか?また何足くらい持っていますか?

やっぱり、オシャレは靴選びからが大事ですから・・・オシャレな人ほど持っている靴の数もきっと多くなっていくはず!

それにお気に入りの靴があったら、それ一つだけを履き続けると汚れてくるし底はすり減るし、形が変形したりするのでそれをやめるために沢山の靴を買ったりという人も多いんじゃないでしょうか?

靴を買ったり、持っているのはいいんですけどね・・・。

いつの間にか・・・「あれ?靴多すぎじゃない?」ってことにもなりかねない(笑)

そしたら・・・靴がいつの間にか溜まっていって大変なことに。。。

けど、風水や運気アップの面から見ると・・・古い靴を汚れたり傷んでいるのにずっと持っていたり、溜め込んでいると・・・、そこに悪い運気が溜まってきてしまいます。

なので、悪い運気が溜まっている靴を処分して運気アップを目指してみませんか?ぜひこの記事が参考になると嬉しいです!

 

どうして靴を捨てると運気が上がるの?

そもそも靴を捨てると何で運気が上がるの?別に関係ないんじゃないかな・・・と思っている方も多いんじゃないでしょうか?

そこで…どうして運気が上がるかご紹介していきます。

風水では重要アイテムの一つ

風水は方位方角も大事ですが、身につけるモノや携帯するモノも非常に重要です。それが運気を左右すると言われています。

その中でも靴は色んな場所に自分を運んでくれるもの。重要なアイテムです。また足の裏から大地のエネルギーを人は得ていると言われているので、尚更・・・大事にしたいアイテムです。

よく成功者の方は靴は普段から綺麗にしておきなさい・・・とよく言われます。

また『夢をかなえるゾウ』という本の冒頭にも靴を磨くことが書かれているように・・・「金運は、“足もと”の汚れを嫌う」という格言もあります。

大地というのは金脈が眠っていると考えられているものです。

その地面に接する足もとが汚れていると、金脈を見つけることができませんし、金運に逃げられるとも言われています。

そのため・・・運気アップに靴は重要なアイテムなんです。

古い靴に溜まっている悪い運気を手放せる

古い靴は悪い運気を溜め込んでいくんです。

「類は友を呼ぶ」と言われるように、悪い運気は友達の悪い運気を呼び込んで、どんどん大きく成長していきます。

そして、いつしか悪運や災難を運んでくるともいわれています。

そのため、古い靴を捨てることで悪い運気を手放すことができるのです。

風水の考え方でいくと靴の運にも寿命があるのです。

新しい良い運気が入ってくる隙間を作れる

靴の収納場所。

いつの間にかパンパンになってないですか?

新しい靴を買ったとしてもパンパンだとしたら、折角…靴を新調したことで入り込んでくる良い運気を取り込めません。

不要な靴、古い靴、傷んだ靴を捨てることで収納場所に隙間(余裕)を作り、良い運気を入れ込みましょう。

過去への執着を捨てて「今」に集中できる

靴を捨てることというのは断捨離という行為。

これを行うことで過去への執着を捨てることができて「今」に集中できることができます。

過去の栄光は腐ったみかん、みたいなものです。

今ここにない。もう食べられない。

新しい靴を履くことで新しい運気を取り入れられる

新しい靴を履くことで新しい良い運気を取り入れることができます。

靴は出会い運に影響するので、最近・・・良い出会いがないなーという方は靴を新調してみてはいかがでしょうか?

さてさて、

それでは早速、靴の捨て時に書いていきますよー!

靴の捨て時はいつ?

古い靴と言われるけどどれくらいの月日、年月が経ったら古い靴になるの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

風水やスピリチュアルの考えによると「靴の寿命は3年」と言われています。

買ってから3年経ったら処分して買い替えを考えましょう。

また普段あまり履かなくて、使用頻度が少ない靴は悪い運気が溜まりやすくなるので大体1年くらいで買い替えを検討するのがよいです。

 

捨てるべき靴とは?

基本的には3年で買い替えと思われて良いのですが・・・

それまでに、靴が傷んでいたり、形が変形していたり、汚れていたら捨ててもよいと思います。

また置きっぱなしにしていると悪い運気が溜まってきますのでご注意ください。

またその靴を履いて良い思い出がないだとか、悪いことが続いたり、ショックな出来事や災難に見舞われたりといった場合も捨てたほうがよいです。

悪い運気を溜め込んでいるのはもちろんのことですが、あなたの精神衛生上的にもよくないです。

過去の流行品で履かなくなったとか、さらに靴の匂いがキツくなってきた場合も捨てることが良いと思います。悪臭も悪い運気の一つですから。

 

 

靴の必要数は?

同じ靴ばかり履いているとすぐに傷んでしまいます。

3年なんて、とても保たないので複数の靴は持っておいたほうがよいでしょう。ただ多すぎても履かなくなったりする靴が出てきそうなので10足以内には収めておきたいところですね!

10日間に1度のペースで満遍なく履きたいところですね。

もちろん、靴をそれだけ持つなら十分なシューズボックスを購入したり収納場所を大事にしましょう。

決して、玄関に出しっぱなしにしないように注意していきましょうね。

 

こんな靴を買うのはやめましょう

風水的にみると靴の先端が尖りすぎているものは基本的にNGです。

相手に対して攻撃的な気を送る形となり縁切りの運気を呼び寄せてしまうかもしれません。

またヴィンテージものやリサイクルショップなどもオススメできません。メルカリやフリマ形式のものであっても。

中古品などは、運の寿命が切れている可能性が高く・・・、さらに前の人の運気を引継ぐコトになります。

前の人が非常に悪い運気を靴に溜め込んでいたとすると・・・、わぁあ考えただけでも恐ろしいものです。

 

汚い靴・古い靴の捨て方は?

ウエットティッシュや雑巾など靴を拭くものを用意します。丁寧に靴底を綺麗に拭いていきます。今までの感謝の気持ちを込めて拭いていきます。拭き終わったら塩をひとつまみ入れた袋に入れて捨てましょう。

そうすることで新しい良い運気がやってくるといわれています。

 

靴のメンテナンスはこまめに

靴底は色んな悪い運気を拾ってきています。

それをそのまま玄関に置いていたり、靴箱に入れていたりすると悪い運気が他の靴に移ったりして大変なことになります。

そのため、靴底をウエットティッシュなどで綺麗に拭いたりなどメンテナンスをしっかりしましょう。特に雨の日などはダメージが大きいのでしっかりとしたケアを。

そうしないとすぐにダメになっちゃいますよ。また靴箱には炭や除湿具で湿気を防ぐようにしましょうね!

 

靴の捨て時まとめ

この記事が参考になったら嬉しいです!

靴って自分を色んなところに運んでくれるものだから大事にしたいものです。

色んな運気を運んできてくれるから感謝の気持ちを持ちつつ、今日も色んな場所へ出かけてみましょう!

素敵な毎日をお過ごしください(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました