当たるカバラ数秘術占い「7」の数の人の性格や特徴、仕事運や恋愛運や他数字との相性診断!

占い
スポンサーリンク

今回は、カバラ数秘占い「7」の数の人の性格や特徴、仕事運や恋愛運をまとめていきます!

ぜひ参考になると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク

数秘術の運命数「7」の性格や特徴

どのよう性格なのかまとめてみました!

① 学者肌である

小さなころから世の中を高いところで見ている良い鵜に見えることが多く、大人びた雰囲気を持っていることが多いです。

1つのことを追い求めるのが好きな学者肌です。

② 一匹オオカミタイプ

基本的に友人は少ないです。

それは限られた人としか付き合おうとしないからです。

孤独を恐れることなくむしろ一人でいることを望んでいます。

③ 完璧主義者

自分にも人にも厳しい完璧主義者で周囲の人に求める要求水準が高いため、まわりは疲れてしまうことがあります。

どこまでも追いかけてくるので敵に回すと面倒な人といえるでしょう。

④ 頑固

きめたことを変えることがない頑固さがあります。

そうした1つのことに打ち込むことがプラスにもマイナスにも働く面もありますが、自分の体験した実体験をもとにしか信用できない不器用さは時として波乱を呼び起こします。

⑤ 目標が高い

目標は高いほどやる気が湧き出すことができます。

ガッツと根性にあふれてますが、周囲には分からないようにします。

そして、分からないように努力をします。

⑥ 不思議な魅力

そこまで社交的ではないですが神秘的なオーラがあり、人から頼りにされたりすることが多いです。

頭の回転が早く数字にも強いので専門外のことであってもこの数字の人なら何でも知っていると思われます。

強運な人生で自分でいける!と思ったことはだいたい可能です。

⑦ ポーカーフェイス

喜怒哀楽の感情を顔に出すのが苦手です。

周囲はどんな感情を抱いているのかわかりずらく、怒っているのではと思われ損をすることがあります。

⑧ 論理的で知的

物事を常に論理的かつ分析的にみていて大切なことを感情で判断しません。

そのため、冷静すぎると見られがちですが、そうではなく合理的かつ客観的に正しい方を選択するというのは当然で当たり前のことなのです。

⑨ 礼儀正しくて、まじめ

礼儀正しく、まじめすぎおるため、リラックスすることが上手ではありません。

いつでもせかせかと忙しくしていてゆっくりと腰を落ち着けることができません。

忙しくしていて、ゆったりと腰を落ち着けつけることができません。

忙しい生活が楽しいなら問題はありませんが、それが知らないうちにストレスになっていることもあります。

⑩ 評価が両極端

なんでも白黒はっきりつけたがる性格です。

グレーという概念がありありません。

気性がさっぱりとしていてある意味清々しくプラスに働く面もありますが、グレーを認めないことで周囲とのトラブルが生じることがありません。

少しくらい自分と考え方が異なる人もその器の大きさで楽しく過ごせるでしょう。

⑪ 心を開くのが苦手

表面上は結構仲良くなっていてもなかなか自分の本音をいいません。

つきあいが長くても心から仲良くなるのは少ないようです。

自分をさらけだすことに慎重なところがあります。

なので、本当に心を開ける人は少ないようです。

しかし、仲良くなったら、心を開いてくれるでしょう。

⑫ 人に流されない

人に影響されない自分独特の意見を持っています。

表面上は意見を受け入れているように見えますが自分と違う意見を主張する場に立つと自分なりの意見を堂々と述べています。

⑬ 頭脳明晰だが努力も忘れない

自分の掲げた目標などに向かって、いろいろな努力を重ねるので成果を手にしやすくなります。

思考力がずば抜けています。

普通の人の考よりも考えが深く、先を予想して行動するのでソツなくこなします。

⑭ 常識人

常識的な行動を好んで、特にマナーを大切にしています。

時間にルーズ、約束が守れない人を嫌い、頑固と思われがちです。

しかし、信頼度は高くなります。

スポンサーリンク

カバラ秘数術「7」の仕事運

独特の考え方を持っているだけでなく人の感情や社会の変化にも非常に敏感です。

また、自分の意志を完遂する強さをもっているため、研究職などに向いてます。

組織の一員としても高い能力を発揮しますが、本来は自分一人で仕事を進めるのを好むため、独立して事業を起こしても成功することができます。

またこのタイプの人は完璧主義な部分があり、細かい数字などを扱うことを苦にもならないため会計や法律、分析調査といった仕事にも適しています。

どんなことでも徹底的にやらなければ気が済まないため、こちらも組織というよりは独立して仕事をした方が本人にとって幸せです。

さらに美的センスにも優れているため、デザイナーといったファッション関係の仕事で活躍する可能性もあります。

自分の能力と技術を発揮できる美容師やパタンナーといったしごとがよいでしょう。

仕事は冷静な判断力、見識、知性などが必要な研究職やさらに忍耐力と探求力が必要な調査・分析関係(法律、警察、、会計、監査)などで能力を発揮するでしょう。

また個人では人生のテーマを見つけると各分野で学者(研究者)や法曹界(修行僧や禅僧)になる人も多いと思いますが、社会にあっては組織やチームが合わないと孤立したり隠者のような暮らしを送る場合もあるので、組織で唯一の理解者が必要です。

いい方向に仕事が向く場合は完璧な仕事をするので人から頼られたり高い評価を受けることができたりするでしょう。

また、非常に努力をするので尊敬されることも多くなり、仕事では一目置かれる存在になります。

悪い方向に行く場合は独りよがりになってしまうときです。

1人で作業することが好きで自分は何とも思わないのでしょうが周りから見るとペースを合わせてできない人と思われてしまいます。

また、完璧主義なところから正義感が強くなるので、仕事で人に求めることが厳しくなるところも仕事をやるうえで回りがやりにくくなる要因になります。

適職は完璧主義なところや向上心があるところ、頭がよいところを活かすことができる職業が適職にもなります。

いい方向に行く場合は学者や経営者、研究者、法律関係などの仕事です。

この数字の人はとにかく1人で没頭できる仕事の方が適職になります。

そのためもくもくと単独作業をすることができる仕事が適職です。

適職でなくても努力家で頭がいいのでそれなりの成績を出すことができますがやはり適職の方が才能は早く開花去れるでしょう。

悪い方向に行く場合は販売員や保育士、裏方でみんなで力を合わせるような仕事です。
人に合わせるなどのチームプレイが苦手なのがこの数字の特徴です。

そのため、単独作業が適職といわれるのです。

もし、チームプレーが必要な仕事についたとしたらそこで単独行動をしてしまうことがあるでしょう。

また、頭が良いのでチームプレーができないのにチームの中で目立つ存在になってしまいまた、自分に向いている仕事を選べば自分らしさを武器にして、むしろ普通の人以上に活躍出来るでしょう。

とにかくまじめでストイックな性格はお言い換えれば職人気質でもあります。

そのため、芸術科・美容師・デザイナーといった道を探求することに向いているでしょう。

組織ではなく個人で勝負する仕事という意味でも理想的です。

高い分析力は緻密な仕事や情報を管理する仕事に活かせます。

頭の回転の速さが大きな武器となるでしょう。

研究開発、会計士、法律関係といった生真面目さが発揮できる環境はまさにうってつけでしょう。

集中力の高さともなって高い評価を得ます。

いずれの職業を選ぶうえでも、とにかく樹脂するべきなのが個の発揮できるかどうかです。

個人プレーが得意なこの数字では一匹狼タイプであるのに加え、組織の一部とし強調しながら働くのが苦手です。

肩の力が抜けたラフな会話、浅い会話、表現力といった面で不器用だからです。

個人の組織、いずれの環境でも働けますが、自分のやり方で高い自由度のもとに働ける職場にこだわってください。

スポンサーリンク

カバラ数秘術「7」の恋愛運

異性に積極的にアプローチしません。

もともと社交的ではなく、人見知りで相手の本質をうかがうタイプです。

人見知りや相手の本質をうかがう傾向は異性について顕著になります。

一目惚れするといったことが少なく相手がきちんとした異性をじっくりと判断していきます。

自分から安易に尻尾をふりません。

ただ、異性に対して慎重な性格のため、受け身でチャンスを逃しやすいといった短所があります。

特に男性は「この人だ!」と思った人ほど普段の受け身な性格が災いしてなかなかお付き合いできないといたことになってきます。

また、異性の理想が高すぎるという点も挙げられます。

男性であれば美女、モデル系といったレベルの高さを感じさせる女性を、女性はイケメンやお金持ちでないと関心がないといったケースも多くなってきます。

そういった異性に対して一方的にアプローチしてしまうというのがあげられます。

普段は異性に対して自分から積極的にアプローチしません。

ただ、理想的の異性が現れたとなると話は別です。

果敢にアタックしていきます。

異性のお付き合いしたい気持ちが高くて積極的なアプローチになっているだけかもしれませんがアプローチを受けている異性としては好意をしめされることによってこの数字刃物にしたような気持になってしまって軽く扱われるというケースになりやすいです。

普段自分を積極的アプローチしないために恋愛における距離感をつかめていない方が多いのが特徴です。

恋人として厳しいといった点も挙げられます。

この数字は自分の周りの人や自分、自分の恋人にも例外にではなくストイックさを求め、恋人にもどんどん成長してほしい性格でストイックな姿勢を2人でそんな日々を送ってほしいと思っています。

この数字の異性とお付き合いするのはどんな夢を見るか、二人でどんな目標を達成するか主眼に置いていきます。

だらけている、だらだらしている、怠けているというのは論外です。

2人で切磋琢磨して人生をきり開いていく、というのが理想です。

付き合うと相手のことしか見えなくなるというのがあげられます。

付き合う相手が自分がいいと思った相手がほとんどなので恋人には徹底的に尽くします。

尽くしますし、うわべだけではなく本当に恋人のことを思って行動することが特徴です。

恋人に対していろいろと厳しいのも恋人に対してもっとよくなってほしいという気持ちがあるからです。

この数字とお付き合いする方は愛せているのを実感できますし、怒られながらも自分が徐々に前よりも成長していっているのを実感できるでしょう。

また、1人の時間が必要というのがあげられます。

恋人には尽くしますがベタベタとした関係を望んでいるわけではないです。

自分の実力を磨きながら自分の成長を恋人に知ってほしいと思ってい、考えています。

神秘的な雰囲気を持ち、恋愛に関しては冷めているところがあります。

感情に流されることを嫌い、恋愛に対してできるだけ客観的にとらえようとするからです。

常に理性的でありたいと考え、恋愛相手としても適度な距離を取り、お互い侵さない関係を築こうとします。

また、研究や趣味への没頭するタイプなら恋人を作らないことも考えられます。

自分の時間が大事なので恋人をつくっているひまはないのです。

好きになるタイプは決まってはいませんが、甘えてくるタイプや1人の時間を邪魔する人は苦手です。

お互いの時間を大切にし、知的で会話が面白い相手ならば、相性はいいでしょう。

そんな相性ピッタリの相手と巡り合うことができたらこの数字は豹変します。

自分でもびっくりするような行動力を発揮し、情熱的にアタックすることもあるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました