占いちゃんは考えた

占い・スピリチュアル・パワースポットについての情報発信ブログです。

【夢占い】雨降りの意味とは?雨漏り、傘、雨上がり、豪雨、洗濯物が濡れる、走る、歩く、運転する、景色など解説(随時更新中)


Advertisement


雨の日も、晴れ男

雨が降っていると、いろいろと困ってしまうことが多いですよね。洗濯物も濡れてしまうし、外出するにも傘をさしながら行動するのは大変です。

傘を持っていないのに雨が降って来てしまった日なんて、「ついてない日」の代表といえるでしょう。

しかし、家の中にいるときに窓から見える雨の風景が落ち着くなぁなんて感じる時もありますよね。

雨の音が好き!という方もいると思います。

なにかと不便、でも不思議な癒し効果もある「雨」ということで、今回は雨に関係する夢を見るというのは、夢占いではどんな意味があるのかをご紹介します!

 

雨降りの夢を見る意味は?

まずは雨降りの夢を見る基本的な意味を紹介します。雨降りの夢は、今の自分の運気がいい状態なのか悪い状態なのかによって変わってきます。

さらにいうと、雨降りの強弱によっても示されている意味が違うのです。どんな状況だとどんな予兆なのか見ていきましょう。

自分の運気がいい状態のときに雨の夢を見る意味は「悪いもの」や「よくないもの」が降ってきているという意味になり、不吉なことが起こる警告夢です。

逆に自分の運気が悪い状態のときに見る雨の夢の意味は、悪い運気を洗い流してくれるので吉夢となります。

 

雨漏りしている夢の意味は?

雨漏りをしているということは、雨を遮ることができずに濡れてしまっていますね。

毎日おなじような生活リズムに慣れてきてしまい、退屈で油断してしまっていませんか?

雨漏りをしている夢の意味は、そんな油断につけ込んで災難が降ってくるという暗示です。

いま一度、気を引き締めて生活を送ってみましょう。

そうすれば、どんな災難が降りかかっても冷静に対処できるようになるでしょう。

 

傘が夢に出てくる意味は?

傘が夢に出てくる意味は、雨漏りの夢とは真逆で私生活でも仕事でも、よくない意味で気を張りすぎていることへの警告です。

変に気を張りすぎてしまい、悪い運気を洗い流してくれる雨すらも遮断してしまっています。

悪く言うと自己中心的な状態になってしまっているため、まわりの人の助言や注意を聞き入れないことが原因で、このままでは孤独になってしまう恐れがあります。

もう少しリラックスして、心に余裕を作りましょう。

 

雨上がりの夢の意味は?

雨上がりの夢は、すでに雨が悪い運気をすべて流してくれていて、これから晴れていくという予兆なので吉夢です。

最近なにか嫌なことや、ついてないと思うことが立て続けに起きていませんでしたか?でも、もう大丈夫です!

これから晴れていくので、いい運気の状態になります。

なにか予期せぬうれしいことが起きるかもしれませんね。

ただ、天気というものは変わりやすいものです。うれしいことが起きたからといって有頂天になりすぎないようにしてくださいね。

 

豪雨の夢の意味は?

最初にご紹介しましたが、雨の強さによって意味合いが変わってきます。

雨の強さは、流してくれる悪い運気の量と、これから降りかかる災難の大きさに比例しています。

豪雨は雨の強さの中で最強クラスを表しています。ということは・・・
運気のいい状態で見た場合、とてつもなく大きな災難がこれから降り注ぐ予兆を示しています。

でも諦めないで!しっかりと気を引き締めなおし準備をしておくことで被害を最小限に抑えることができます!

逆に運気の悪い状態で見た場合、悪い運気をすべて洗い流してくれるので吉夢です。

いま抱えている悩みや問題がすべて解決へと進み、幸運の扉が開かれるでしょう。

 

洗濯物が雨で濡れてしまう夢の意味は?

洗濯物が雨で濡れてしまう夢の意味は、予期せぬトラブルへの警告です。

無理難題な仕事の依頼をされたり、いやなことを頼まれたりと余計な仕事が増えてしまう予兆です。

雨は天災なので、降らないようにするなんてできませんよね?これと同じで予期せぬトラブルや無理難題な仕事の依頼を防ごうとしても、防ぐことはできません。

なので防ごうとするのではなく、

予期せぬトラブルとしっかりと向き合い確実に対処をする方向へ気持ちを切り替えて行動することが、幸運への近道ということなのです。

 

雨の中走る夢の意味は?

実際に現実だと、雨の中を走るなんて大変という意見がほとんどではないかと思いますが・・・夢占いでは、なんと吉夢!

悪いものが洗い流され浄化し、運気が上昇する予兆です。夢の中で走っているスピードが早ければ早いほど、いい運気へたどり着くことができる兆し。

ただ、油断してはいけません。

運気は上昇していますが、少しの油断でトラブルが起きやすい状態であることも示しています。運がいいからといって強気になりすぎないように注意しましょう。

 

雨の中歩く夢の意味は?

雨の中を歩いている夢は、一歩一歩確実に悪いものを浄化しながら開運に向かっていることを暗示している吉夢です。

雨の中を歩くなんて実際には、あまりいい気はしないのに意外ですよね!そのこともあり、若干の辛抱は必要というメッセージも込められた夢なので、少しつらいことがあっても挫けずに前へ進むことを意識しましょう。そうすることで、開運の先に幸運のゴールがまっています!

傘をさして歩いていた人は、もうすでに浄化の段階は終わり改善策や対策も完成していることを示しています。

あとは、いまのまま歩んでいくのみ!つらいことも、ほとんどなく幸運へたどりつけるでしょう。

 

雨の中運転する夢の意味は?

雨の中車を走らせている夢には、あなたがいまのままの自分でいたい気持ちが強く表れていて、それでもなんとか全てのことをうまくコントロールして進もうと必死の状態を意味しています。

これには天気の悪さも大きく関係していて、雨が強ければ強いほどいまのままのあなたでは苦労や悪運を呼び寄せてしまうことを警告しています。

小降りで車の運転に支障がなかったのなら、いまのままで大丈夫。開運へすぐにたどり着けるという予兆です。

 

雨降りの景色を室内から見ている夢の意味は?

この夢に出てくるあなたは、悲しそうに雨を眺めていましたか?それとも雨を見ることで癒されていましたか?

悲しそう、不満そうだった場合は直さないといけない自分のだめなところがあるのにそれを受け入れられず、悪い運気を招いていることを警告しています。

一歩踏み出すことですぐに浄化され、運気がよくなることの暗示でもあるので、自分自身としっかり向き合ってみましょう。
癒されていた人は、逆に自分と向き合いすぎてしまい考えなくていいことまで考え、ストレスを感じ癒されたいと思っていることを示しています。少し肩の力を抜いてもいいのかもしれませんよ。

 

雨の中傘も差さず立っている人が夢に出てくる意味は?

その立っている人は、知っている人でしたか?この夢は、その人があなたに直して欲しいところがあることを訴えている夢です。

その人に自分が差している傘を渡せば、あなたが雨に打たれ浄化されることになり解決へと進むということになります。

なにか思い当たる節がある人は、この必死の訴えを受け止め自分自身と見つめ合い改善することで、いい運気の流れを掴むことが出来るでしょう。

 

雨の夢には備えを油断しないで!

雨が降っている夢は、今の自分に警告していることが多かったですね。

もしも雨の夢を見てしまったのなら、シチュエーションを思い出してどのような予兆なのか考えてみましょう。

雨が降るかわからなくても、傘を準備したり天気予報を見たりなど、雨に備えることはできますよね?それと同じです。

気を引き締めて身構えておけば、どんなトラブルもすぐに対処できるでしょう。

ほかにも雨が降っている夢には、悪い運気を洗い流してくれるという浄化の意味もありました。しっかりと備えれば防ぐこともでき、悪いものも洗い流してくるとなれば吉夢といってもいいのかもしれませんね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Advertisement

 

 


Advertisement