スポンサーリンク

天中殺とはなんですか?やってはいけないこととは?調べる方法は?結婚・転職・引っ越し・恋愛はどう?

占い
スポンサーリンク

天中殺って知っていますか?

言葉の響きや漢字から見て・・・なかなか恐ろしい感じがすると思いますよね。

全然、良くない感じしかしない。

本日は天中殺について書いてみました。

ぜひ本日も読んでいただけると嬉しいです(*^_^*)

スポンサーリンク

天中殺とはなんですか?やってはいけないこととは?

天中殺とは読んで字のごとく「天が味方しない時期」です。

算命学において、誰でも12年に2年ずつ、12か月に2か月ずつに天中殺がやってきます。この天中殺の期間に新しいことを始めたり積極的な行動をとると、不運を増幅させてしまうという考え方です。

簡単に言うと「何をやっても運が悪く、成功しない期間」といってもいいかもしれませんね。

基本的にこういうことを行わないようにしましょう・・・という行動指針も定められていたりします。

・我をださないこと。言動は慎むこと。
・物事を新しく始めないこと。現状維持が基本です。
・ただし組織で働く方は、異動、転勤は素直に従うこと。(我をださない)
・戦略を練る。過去10年間の行動を振り返り、天中殺を抜けた後の方針を決める。
・心身のメンテナンスやできるだけ休養の時間をとること。人間ドックに入るのもよい。
・勉強をする。精神的な向上、能力のスキルアップのため。
・むやみに誘いに乗らないこと。(契約などに注意)
・結婚、開業、投資、起業、引っ越し、増改築、などは避ける。
・秘密は露見しやすい。隠し事は不利となる。

引用元:ふたば双葉さんのサイト

天中殺の期間のすごし方 – 「算命占学」研究家 ふたば双葉(そうよう)

天中殺の期間のすごし方
鑑定を受けて、今年来年「天中殺」ですよ。と言われたら。 その2年間の過ごし方についてまとめてみました。 (自分の天中殺がいつなのかは、鑑定を受けて確かめてください。) 天中殺とは、自然の法則の中で自然の一部として生きている私たちが、12年に2年巡ってくる「天の助けがない期間」です。 人間は、時間と空間の中に生きています...

すごく不運な時期なので・・・、

捉え方によってはて天中殺を「休養する期間」と言われる方もいます。

休養する期間、自分を充電する期間・・・って思うと少し心が楽になりますね。

「わたし、天中殺の期間に入っちゃった。超サイアク」・・・とふさぎ込む人がいましたら、10年間忙しく動いてきたら2年間は少し振り返って休養しようかな?と考えてみるのはいかがでしょうか?

次の10年を過ごすために勉強したり、資格取ったり、、、と準備する期間と考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

天中殺の過ごし方とやってはいけないこと

天中殺の期間は「休養する期間、次の10年に向けて準備する期間」・・・そんなこと言われてもどんな過ごし方をすれば良いかよく分からないんですけど。

そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか??

ではでは、具体的に天中殺の期間の過ごし方ややってはいけないことを見ていきましょう!

スポンサーリンク

天中殺は自分を変化させるチャンスの時期

天中殺、天中殺と言ってそんなにビビる必要はないかもしれません。

天中殺は自分を変化させるチャンス期間と思ってもいいかも。

「生まれ変わるチャンス」がやってきたと思ってもいいかもしれませんね。

厄がやってきた・・・飛躍するための準備期間と捉えてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

天中殺の過ごし方とは?自分の中身を見直して上昇させるチャンス

「生まれ変わるチャンス」が天中殺。

この時期は世の中の評判や他人の目よりも自分の中身を大事にしてみてはどうでしょうか?ようするに自分磨きの期間ってことですね。

せっかくの生まれ変わる、自分を変えることができるチャンスの期間なんですから、

自分自身を固定させるようなことはやめましょう。

地位・名誉・財産・経済の安定・出世を求めたりするのはNGです。

就職や転職もそう。結婚や引っ越しも同じくです。

案外、これは良いことに見えますが・・・よくよく考えてみると他人が関係していますよね。これをすると他人の目を気にしたり、評価を求めたりして自分自身がおざなりになってしまうんです。

人は自然と他人の評価が気になる生き物です。

そのため、強制的にそこを意識せずに自分を高めてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました