【夢占い🔮】雷の意味とは何?⚡稲妻、稲光、雷光、落雷、雷雲、雷雨、人に落ちる、逃げる、怖い、打たれる、驚く、火事、龍、囲まれるなどを診断😪

占い
スポンサーリンク

今回は【夢占い】雷の夢の意味とは?について書いていきます。

ぴか!ゴロゴロゴロ・・・。

ガラガラガラ、ドカーーーーーン!

そんな雷の音がすると凄く怖い気持ちになります。

雷が落ちたりすると、もうその音に耐えられません。

嵐の天気模様って本当にイヤですよね!

そんな雷の夢を見て怖くて目が覚めたり、雷に打たれる夢を見て絶叫していた・・・なんてこともあるのではないでしょうか?

雷が落ちたり、稲妻が空に走ったり、雷に打たれたり・・・。

これって夢占いではどんなことを暗示しているんだろう?

そんなことを思っている方のためにまとめてみました(*^_^*)

ぜひ参考にしていただけると幸いです!

スポンサーリンク

雷の夢の基本的な意味合いとは?

雷は破壊と創造の象徴と夢占いでは示されています。
破壊と創造という相反するものが共存しています。そのため、吉凶混在している夢であると言えるでしょう。夢の見方やシチュエーションによって吉凶どちらにも転ぶのです。

もし、夢の中で雷の夢を見た時、それはずっと隠していたり、抑えていたり、我慢していた気持ちが爆発間近になっていることを暗示しているでしょう。

まるで雷のようにゴロゴロと小さくなり始め、それが突然、ガラガラガラ、ドカーーーーーン!と落ちるのです。

もう我慢がきかなくなっている、もう爆発寸前。また「もう爆発してやる!」というあなたの気持ちの動きを表しています。これは凶夢の場合です。

また、全く予想していなかった想定外な出来事が待っているという暗示です。思いがけない出来事が突発的に起こることを暗示しています。
それは良い出来事の場合もあるし、悪い出来事の場合もあります。
あなたが夢の中で、その雷の夢に対してどんな印象を心のなかで抱いていたかで変わってきます。

もし、凶夢の場合はトラブルを告げる悪い暗示でしょう。
あなたに何かを警告する夢のようです。
今後、様々な事故や困難な試練、争い事や戦いなどが発生することを暗示しています。
予知夢の可能性がありますので本当に注意が必要と言えるでしょう。

もちろん、最初に述べたように吉夢の場合もあります。
その場合は人生の転換期を表していると言ってもいいでしょう。ガラリとあなたの人生が変わるであろうことを表しています。

またチャンス到来という意味合いも強く、仕事で大抜擢されたり、運命の人が表れたりすることを暗示しているでしょう。

そのため、チャンスを逃さないようにすることが大事です!

では、雷の夢の基本的な意味も分かったと思いますので、ここからは夢の内容別に見ていきましょう!

同じ雷の夢でもシチュエーションや状況、夢に抱いた印象で夢占いの結果が全く異なります。吉夢なのか凶夢なのかの判断もしやすくなるので、ぜひ読んでいただけますと嬉しいです!

スポンサーリンク

雷に打たれる、落雷の夢占い

現実世界で雷に打たれると100%に近い確率で最悪な出来事が起きてしまいますね。ただ、夢って不思議なもので悪い夢は吉兆の兆しを表している場合も多いです。

そのため、この夢占いでは雷に打たれたり、落雷によりダメージが大きければ大きいほど環境の変化を表しています。

どんな変化なんだろう?と思う方も多いと思います。

例えば、お金持ちの人は突然、全財産を失ったり、貧しい人は何らかのキッカケで億万長者になるなど劇的な変化を表します。

またお金だけでなく、それが家庭の場合もあります。

円満で幸せそうだった家族が突然、一家離散の状況になったり、家族なんかいらないと常日頃から言っていた人が幸せな大家族の家庭を築いたり。

本当に極端な結果となりそうです。良い方の結果であればよいのですがね・・・。

劇的な変化はダメージが大きければ大きいほど訪れます。
ダメージが大きいとは、落雷により命にかかわるような深刻な夢の場合です。
しかし、命に別条がなかったり、雷に打たれてもピンピンしていたら、環境の変化により得るものも失うものも少ない事を暗示しているといえるでしょう。

また雷に打たれたり、落雷というのは、何か起きることを意味しています。

その一つがアイディアやひらめきを思いつくことを暗示しています。

ガラガラガラ、ドカーーーーーン!と今までになかった革新的な物事を思いつくかもしれません。そして、直感力が敏感になることを暗示しています。

衝動ではなく直感に従って行動してみるのも良いかもしれません。

また自分自身が落雷に遭遇するのではなく、雷が近くや遠方に落ちるのを夢で見ると、急な知らせや予期せぬ出来事が起きることを暗示しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました