ニュース

コロナ疎開はじまりか!学校が一斉休校とネットのツイート

ニュース

新型コロナウイルスの影響で日本全国に影響が出ています。

安倍総理大臣が要請した「一斉休校」。

全国各地で卒業式が早まるなど大変な事態になっています。

列島混乱・・・突然の「一斉休校」要請(20/03/01)

そんな中、、、話題になっているのがコロナ疎開です。

コロナ疎開とは?

新型肺炎コロナウイルスの感染を心配して、まだコロナウイルス感染確認が発覚していない地域である祖母や祖父の家に子供を預けることです。

NHK NEWS WEBではこんな記事が掲載されました。

3 おじいちゃんおばあちゃんの家に遊びに行ったり、預けたりしても大丈夫?
高山医師
「高齢の祖父母宅に子どもが長期で滞在する場合、お互いに熱やせきなどの症状がないことをしっかり確認することが大前提です。さらにお互いが暮らす地域に新型コロナウイルスの感染・流行が確認されていない場合に、早めに祖父母宅に預けることは“感染症からの疎開”として有効な方法の1つです」
さらに滞在中の過ごし方として注意してほしいことがあるとも言います。
高山医師
「おじいちゃんおばあちゃんが、かわいいお孫さんにいろいろ買ってあげたくなる気持ちはわかりますが、人がたくさん集まるショッピングモールなどには出かけず、できるだけ自然の中で過ごしてほしい」

引用元:NHK NEWS WEB

突然の臨時休校 子どもと安全に過ごすために | NHKニュース
感染が確認されていない地域の祖父母宅へ 早めの“学童疎開”も

記事内では「早めに祖父母宅に預けることは“感染症からの疎開”として有効な方法の1つです」と述べています。

また今回の件を国難として考えて地方に子供を預けている親も多いようです。

新型コロナウイルスの拡大を受け、学校や幼稚園などが休校・休園となる中、都市部で暮らす共働き世帯などが地方の実家に子どもを預けるケースが出始めている。保護者らは、「仕方がないけれど、まるで“疎開”」とぽつり。一方、受け入れ側の祖父母らは、思いがけない孫との生活に「親と離れてかわいそうだとは思うけれど、おじいちゃん、おばあちゃんとしてはうれしい面もあります」と苦笑いを浮かべる。

兵庫県の地方部、丹波篠山市のある家庭には1日から大阪市で暮らす4歳の男の子が帰省中。当面、幼稚園が始まる16日まで祖父母らと生活を送る予定にしている。

30歳代の母親は、「通っている幼稚園は預かり保育がなく、教室や親子で集まるイベントなどもどんどん自粛されていって、少しずつ周りの環境に追い込まれた感じ」と言い、「丹波篠山は空気も野菜もおいしく、子どもも安心して暮らせるのでは。急なことで驚いたが、なんとかこの国難に立ち向かわないといけませんものね」と話す。

60歳代の祖母は、「孫とは普段なら盆か正月に会えるくらいなのでうれしい。久しぶりにひな人形を出したり、昔使っていたおもちゃを出した。複雑な気持ちもあるけれど、孫たちも楽しんでくれたらうれしい。田舎は人口密度も低いし、コロナに感染する心配もあまりないので」とほほ笑みながら、「都市部で働いている子どもたちのほうが心配です」と話している。

引用元:丹波新聞

まるで”疎開” 都市部の子ら地方に 新型コロナで休校・休園受け
新型コロナウイルスの拡大を受け、学校や幼稚園などが休校・休園となる中、都市部で暮らす共働き世帯などが地方の実家に子どもを預けるケースが出始めている。保護者らは、「仕方がないけれど、まるで“疎開”」とぽつり。一方、受け入れ側の祖父母らは、思い

 

コロナ疎開を先に始めた人たちのツイート

コメント

タイトルとURLをコピーしました