六白金星とは?🔯運勢は?調べ方や本命・月命・性格・恋愛・仕事・金運などまとめ2018

2017年から2018年にかけて更新しています!

九星気学とは中国で生まれた3,000年以上の歴史を持つ伝統の占いです。

日本には552年に伝えられたとして、江戸時代には方位術の一種として占い師たちが利用し、明治42年には園田真次郎が九星術を元にして「気学」という占いとして広めました。現在では九星術と気学を合わせて、【九星気学】と呼ばれています。

その中で六白金星は九星気学で9つある本命星の内のひとつ。

自分の本命星に当てはめることで性格・恋愛・仕事・金運・吉方位を占うことができます。

今回は九星気学の六白金星について解説していきたいと思います!

ぜひご参考にしていただけますと幸いです。

六白金星・本命星の調べ方

まずこの記事を読み進める前にあなたが六白金星かどうか調べてみましょう。

六白金星は下記の生まれ年の人たちになります。

—-

○1931年(昭和6年)

○1940年(昭和15年)

○1949年(昭和24年)

○1958年(昭和33年)

○1967年(昭和42年)

○1976年(昭和51年)

○1985年(昭和60年)

○1994年(平成6年)

○2003年(平成15年)

○2012年(平成24年)

—-

また九星気学には、誕生年から調べる本命星と誕生日から調べる月命星があり、その人の性格や運勢をかたちづくるのが本命星であり、隠された心の声を表すのが月命星と言われています。

六白金星の月命星の調べ方はこの通りとなります。

六白金星・月命星の調べ方

—-

○1/6-2/3生まれ:三碧木星

○2/4-3/5生まれ:五黄土星

○3/6-4/4生まれ:四緑木星

○4/5-5/5生まれ:三碧木星

○5/6-6/5生まれ:二黒土星

○6/6-7/6生まれ:一白水星

○7/7-8/7生まれ:九紫火星

○8/8-9/7生まれ:八白土星

○9/8-10/7生まれ:七赤金星

○10/8-11/6生まれ:六白金星

○11/7-12/6生まれ:五黄土星

○12/7-1/5生まれ:四緑木星

—-

各月命星の特徴に関しては、それぞれ星の記事を見ていただけますと幸いです。

※随時更新予定です。更新までお待ちくださいませ。

六白金星の基本的運勢(本命星)

六白金星はまるで輝くダイヤモンドのような星です。

磨けば磨くほど世間のダイヤモンドになれ、高い理想を実現できる人です。そのため、その向上心と一流志向は誰よりも強いでしょう。

なりたい自分のためには努力を惜しまず、目標に向かって前進し続けるはずです。

ただその信念は立派なものの、その分・・・自分の意見が大事で少々柔軟性に欠けたり、融通がきないところもあるようです。

そんなあなたはどこか上品な雰囲気を漂わせて、周りからお手本とされることが多いようです。

六白金星の長所

頭脳優秀で先見の明があり、自分の理想を実現させるという強い気持ちを持っています。また成長していく過程で沢山の苦労をしながら育っていくので晩年は強い風格を漂わせる人となるでしょう。

六白金星の短所

自信過剰で自分の意見だけを信じすぎます。そのため、頑固です。

また冷静で打算的でもあるので人の反感を買うことも多そうです。そのため、周りの和の中から外れることも多そうです。

1 2 3



占いちゃん

占いちゃん

「占いちゃんは考えた」は占いで暮らしを豊かにすることを目指すWEBメディアです。占いを通して、読者の皆様の生活が楽しくなるキッカケをお届けしたいと運営しています。真摯に読者さんと向き合って、楽しくなる占い情報をお届けしていきます。また、占いは人の悩みを解消の糸口になりますが、相談者の心の弱みにつけこんだ悪質な占いもあります。鑑定料と称し高額な金額を請求する占い師もいます。そういった被害が起きないようにも「占いの正しい付き合い方」、「占い前に準備すること」、「占いって当たるの?」といった記事も書いていますのでぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。私たちが生まれる大昔から占いは人々の生活を送る上での知恵となってきました。占いによって人生を好転した方も沢山いらっしゃいます。「占いちゃんは考えた」では面白い・楽しい占い情報をお届けしながら、読者皆様の人生が少しでも開運する手助けができたらなと思い運営しています。ぜひ記事を読んでいただけたら嬉しいです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。