人生で制覇したい日本全国パワースポット20選

「パワースポット」とは、訪れた人に癒しや活力を与えてくれるとされる場所のことです。日本では、風水や大地のエネルギーが湧き出る場所として、古社や創世神話、修験道の山岳信仰と結びついたパワースポットが多いようです。そこで今回は、日本全国のパワースポット20選をご紹介します。

明治神宮(東京)

明治天皇と昭憲皇太后の御霊をお祀りする明治神宮(めいじじんぐう)。都心の人工林の中にあり、最強のパワースポットは、築城の名手・加藤清正が掘ったといわれる内苑の「清正の井戸」です。加藤清正が掘ったとされる内苑の「清正の井戸」は、湧き水が湧き出し、南池に向かって流れ出る透明な井戸。内苑の入口は参道から少し入ったところにあり、入苑料が必要です。

旭岳(北海道)

北海道の最高峰、旭岳は標高2,291m、大雪山連峰の最高峰です。アイヌの人々はこの地を「カムイミンタラ」と呼び、「神々の遊び場」を意味した。旭岳ロープウェイ山頂から少し登ったところにある旭岳の噴煙を上げる山頂に、中央のパワースポットがあるとされています。

日光東照宮(栃木県)

日光の山々は、17世紀に徳川初代将軍を祀る日光東照宮が建立される以前から神聖な場所とされていました。東照宮はパワースポットとして有名ですが、近くの二荒山神社(ふたらさんじんじゃ・ふたあらやまじんじゃ)も見逃せません。

屋久島(鹿児島県)

九州の南約50kmに位置する屋久島は、白谷雲水峡や樹齢約7200年の縄文杉、小川の滝など、それ自体が日本を代表するパワースポットと言われています。宮崎駿監督の『もののけ姫』に登場する神秘の森は、この島のスピリチュアルな雰囲気から着想を得ており、1993年に日本で最初に登録された4つの世界遺産の一つでもあります。

阿蘇山(熊本県)

阿蘇山は、日本最大の活火山で、パワースポットとしても有名です。周囲128kmのカルデラの中には、3つの市町村と、ロープウェイで登れる中岳・中岳を含む5つの峰がある。特に、北側の広大なカルデラの壁面にある高さ10mにも及ぶ「押戸石」は、地質学者が「押戸石」と呼ぶ地層で、「押戸石」は「押戸石」と呼ばれる。地質学者は、これらの地形は完全に自然なものだと言っているが、石に刻まれた印はシュメールの船乗りが旅をした痕跡だとも言われている。

熊野那智大社(和歌山県)

熊野那智大社は、和歌山県と三重県にまたがる熊野三山(本宮大社、速玉大社)の一社である。紀伊山地の霊場と参詣道」に認定され、1000年以上前から「熊野古道」と呼ばれる参詣道が続いている。

標高133mの那智の滝の前に立つ三重塔で有名な青岸渡寺と隣接している。那智の滝は元々この地域の信仰の中心であり、現在でも修験道の山伏が修行に使うなど、パワースポットとして知られている。

琵琶湖(滋賀県)

琵琶湖は、日本最大の湖です。湖そのものがパワースポットとされていますが、特に注目したいのが湖の最北端にある竹生島(ちくぶじま)です。周囲わずか2kmのこの島には、願いを叶える力があるとされている。

奈良時代中期の聖武天皇が、天照大神から「弁財天(富貴・弁舌・智恵・水の女神)がこの島に降臨したので、寺を建てるように」との神託を受けたとされる。724年に創建された宝厳寺は、この女神を祀る三大社(広島の厳島、神奈川の江の島)の中で最も古い寺社である。

出羽三山(山形県)

出羽三山・出羽三山は、羽黒山・羽黒山、月山・月山、湯殿山の3つの山からなる。羽黒山、月山、湯殿山は、日本で最初の山岳信仰といわれ、その起源は約1400年前にさかのぼる。

羽黒山は誕生、月山は死、湯殿山は再生を意味し、それぞれの山頂にある神社はパワースポットとして信仰されている。特に修験道の修行者にとっては、神聖な山である。

熱田神宮(愛知県)

熱田神宮は、日本三神宝(八咫鏡、八尺瓊勾玉)の一つである神剣「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」を奉安するために創建されました。

草薙剣は天照大神の化身とされ、兄の須佐之男命が倒した八岐大蛇の尻尾にあった剣を授かったとされている。伊勢神宮は、ヤマトタケルの死後、伊勢神宮の巫女から剣を授かり、2世紀ごろに創建されたといわれている。現在でも新天皇の即位式にはこの剣が用いられるが、覆いがかけられていて一般には公開されておらず、儀式用の剣もレプリカと言われているため、現存するかどうかは不明である。

境内には、約1000年前に真言宗の開祖である空海が植えたとされる大楠がある。こちらも日本のパワースポットをお探しの方におすすめのスポットです。

比叡山(滋賀県)

比叡山は京都府と滋賀県にまたがっている。788年、桓武天皇の命により、北東から迫り来る悪霊から京都を守るために建立された天台宗の新本山。ここは一大聖地であり、日本を代表するパワースポットでもある。

現在、比叡山延暦寺には100を超える建造物があるが、最盛期には3,000を超える建造物があり、当時は日本有数の霊場であったという。法然や日蓮をはじめ、多くの仏教の大本山がここで学び、それぞれの宗派を開いた。1571年、織田信長の天下統一作戦の際、信長に攻め落とされるほどの脅威となった。

1994年、ユネスコの「古都京都の文化財」に認定された。本堂の根本中堂には、創建以来1200年以上燃え続けている灯がある。

奥の院(和歌山県)

奥の院は、和歌山県の高野山・高野山地方にある。ここは、8世紀から9世紀にかけて活躍した空海(弘法大師)が開いた広大な宗教施設の跡地である。空海は真言宗の開祖であり、奥の院はその霊廟で、彼は死んだのではなく、永遠の瞑想の状態にあると信じられている。

奥の院は、真言宗の開祖である奥西禅師の霊廟で、奥西禅師は死んだのではなく、永遠の瞑想に入っていると信じられている。また、多くの著名人が悟りを開こうと、霊廟までの2kmの参道に20万基以上の墓石が並ぶ日本最大の霊廟でもある。日本有数の霊場であり、重要なパワースポットでもあるこの地には、ユネスコの「紀伊山地の霊場と参詣道」に認定された寺院や参詣道がある。

 

恐山(青森県)

滋賀の比叡山、和歌山の高野山とともに、日本三大霊場のひとつに数えられる恐山(おそれざん)。青森県下北半島の北端に位置し、あの世への入り口とされ、硫黄の香りが漂う。毒のある宇曽利湖や、賽の河原には小さなケルンが積まれ、子供の魂が救われると信じられている。菩提寺では、7月下旬から10月上旬にかけて、イタコと呼ばれる盲人の媒介によって、亡くなった人との交信を願うお祭りが行われる。日本で神秘的なパワースポットをお探しなら、ここは一押しのスポットです。

鞍馬寺(京都府)

京都市街から北へ約30分、山間にある鞍馬寺。鞍馬山の中腹に位置し、ケーブルカーでアクセスできます。ここは、レイキ発祥の地と言われています。さらに、本堂の前にある六芒星の中心に立つと、エネルギーの波動を感じると信じられています。

この寺は、770年にここに建てられた。その後、何度か宗派を変えながら、現在は七福神の一つである毘沙門天と千手観音、650万年前に金星から来たとされる摩訶薩を三位一体とした「尊天」を祀っている。

また、源義経に剣術を教えたとされる天狗の王が住んでいるとされる山でもあります。日本の伝統的な信仰と現代的なオカルト信仰が混在するユニークなパワースポットです。

諏訪大社(長野県)

諏訪大社は、日本で最も古い神社の一つである。日本書紀によると、少なくとも7世紀ごろのものとされている。諏訪神社は、長野県の諏訪湖の南北に、それぞれパワースポットとされる4つの社殿が並んでいます。この4つの社殿の境内には4本の大黒柱があり、6年ごとに大黒柱を交換する「御柱祭」が行われる。

富士山(静岡県/山梨県)

富士山は、日本を代表する山であると同時に、神として崇められている山でもあります。富士山の南西に位置する富士山本宮浅間大社は、富士山のパワースポットのひとつとされ、富士山の8合目から頂上を境内とする神社である。

富士山本宮浅間大社は、紀元前1世紀から紀元1世紀にかけて在位したとされる第11代垂仁天皇が、富士山の噴火を鎮めるために瓊瓊杵尊の妻、浅間大神を富士山の麓に祀ったのが始まりとされ、静寂な火山の頂上は、彼女の天上の化身と考えられています。

伊勢神宮(三重県)

伊勢神宮(いせじんぐう)は、太陽の女神である天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀る、日本で最も神聖な神社です。天照大神をお祀りしている日本一神聖な神社であり、また、天照大神が身を隠した洞窟から誘い出し、世の中から光を奪ったという八咫鏡(やたのかがみ)があると信じられています。古くから日本人の巡礼の地であり、皇族の参拝も多く、神職の上層部には皇族の血筋が多く含まれている。太陽の女神の力を借りるパワースポット、これ以上望むものはないだろう。

戸隠神社(長野県)

戸隠神社・戸隠神社は、5つの神社が数キロメートルの林道で結ばれています。ここにも創世神話に由来するパワースポットがあります。天照大神が住む洞窟の石扉を捨てたところ、宮崎県からこの長野県に飛んできたと言われています。それが現在の戸隠の上社である奥社に着地した。戸隠とは「隠れた戸」という意味である。

出雲大社(島根県)

出雲大社は、伊勢神宮に次いで日本で二番目に神聖な神社とされています。出雲大社は、伊勢神宮に次いで日本で二番目に神聖な神社とされており、その起源は少なくとも7世紀まで遡ることができるとされている。出雲大社は、天照大神の弟スサノオの婿である大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀っている。大国主命は古代出雲王国を築いたとされ、日本列島の形成に貢献したとされる説もある。

10月は神無月(かんなづき)と呼ばれ、神々が出雲に集まると信じられていた。10月は神在月、神有月と呼ばれ、出雲では神々が集まる月とされていた。

この古社は巨大な注連縄で有名で、強力な縁結びのスポットとして知られている。参拝の際は、自分のために2回、相手のために2回、合計4回手を打つのが習わし。

天岩戸神社(宮崎県)

宮崎県高千穂町の山あいにある天岩戸神社・天岩戸神社西本宮は、太陽の女神が身を隠したとされる洞窟を祭っている。お祓いを受けた後、本殿の裏手にある展望台に上がると、洞窟の様子を見ることができます。岩戸川にかかる渓谷の向こう側に、かろうじて見える程度です。洞窟内の撮影は禁止されています。

霧島神宮(鹿児島県)

霧島神宮は、6世紀頃、高千穂の峰(宮崎県高千穂町、北東約100キロメートル)の麓に創建されたのが始まりです。しかし、火山噴火による度重なる焼失の後、南西約5キロの現在の場所に移され、現在の建物は1715年に建てられたものである。

高千穂峰は、宮崎県と鹿児島県の西の県境に位置し、天照大神の孫である瓊瓊杵尊が天孫降臨し、日本の天皇の系統を確立した場所と言われています。また、家内安全や出世のパワースポットとしても信仰され、境内にある樹齢800年の杉には祈願成就の力があると言われています。

まとめ

人生で一度は行きたいパワースポットをまとめました!日本にはまだまだパワースポットがあり、観光地には必ずと言っていいほどパワースポットがありますが、その中でも最大級のパワースポットをご紹介しました。

ぜひ行ってみてください!



占いちゃん

占いちゃん

「占いちゃんは考えた」は占いで暮らしを豊かにすることを目指すWEBメディアです。占いを通して、読者の皆様の生活が楽しくなるキッカケをお届けしたいと運営しています。真摯に読者さんと向き合って、楽しくなる占い情報をお届けしていきます。また、占いは人の悩みを解消の糸口になりますが、相談者の心の弱みにつけこんだ悪質な占いもあります。鑑定料と称し高額な金額を請求する占い師もいます。そういった被害が起きないようにも「占いの正しい付き合い方」、「占い前に準備すること」、「占いって当たるの?」といった記事も書いていますのでぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。私たちが生まれる大昔から占いは人々の生活を送る上での知恵となってきました。占いによって人生を好転した方も沢山いらっしゃいます。「占いちゃんは考えた」では面白い・楽しい占い情報をお届けしながら、読者皆様の人生が少しでも開運する手助けができたらなと思い運営しています。ぜひ記事を読んでいただけたら嬉しいです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。