占いコラム

占いに依存しやすい人ってどんな人?その特徴を徹底調査

Avatar photo

占いちゃんは考えた

占いちゃんは考えた!は現役占い師メンバーとアシスタントで更新している占い情報WEBメディアです。占いを通して恋や仕事の参考にしたい開運方法・おまじない・パワースポット などスピリチュアル情報など、暮らしが楽しくなる内容を発信しています。経歴としては今まで1,000人以上の方を鑑定していました。ぜひ色々と読んでいただけると嬉しいです。 また2022年運のいい誕生日ランキングまとめました! さらに占いちゃんは考えたインスタグラムはこちら▶

毎日出かける前に見ていた「今日の運勢」半信半疑だけど見ないとなんだか1日が始まらないなんてことありませんでしたか?

今日の運勢でちょっと良いことが書かれていると、1日を少しだけワクワクして過ごせたものです。

そんな日常に小さなワクワクやスパイスになってくれていた占いが少しずつエスカレートしてやめられなくなる人が急増しています。

いわゆる“占い依存症”と呼ばれる人たちですが、一体なにが原因で占いから抜け出せなくなってしまうのでしょうか。

本記事では占いに依存しやすい人にはどんな特徴があるのか徹底調査してみました。

そもそも占いに依存するとはどんな状態のこと?

“依存症”という言葉は誰でも聞いたことがあると思いますが、どんな状態のことをいうのか知っていますか?

辞書には“依存症”とは日常生活に支障がでるほどのめり込んでいる状態と書かれています。

アルコール依存症やギャンブル依存症ならどんな日常生活になるのか察しもつきやすいですが、占い依存症になるとどんな支障がでてくるのでしょうか。

“占い依存症”の人は占いそのものが精神的な支えになっていて、占いがないと不安に襲われ平常心でいられない状態の人たちです。

こうなってくると占いにつぎ込む金額は相当な額になっていきますし、占い師の言いなり状態なので日常生活にも人間関係にも大きな影響を及ぼすようになっていきます。

また、この状態で悪意ある占い師に出会ったりすると、より一層抜け出すのが難しくなっていくことでしょう。

次のページへ >

  • この記事を書いた人
Avatar photo

占いちゃんは考えた

占いちゃんは考えた!は現役占い師メンバーとアシスタントで更新している占い情報WEBメディアです。占いを通して恋や仕事の参考にしたい開運方法・おまじない・パワースポット などスピリチュアル情報など、暮らしが楽しくなる内容を発信しています。経歴としては今まで1,000人以上の方を鑑定していました。ぜひ色々と読んでいただけると嬉しいです。 また2022年運のいい誕生日ランキングまとめました! さらに占いちゃんは考えたインスタグラムはこちら▶

-占いコラム