死者よりも怖い生霊とは?生霊返しの方法や生霊になる理由

生霊と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?その字のごとく生きている霊と言う意味ですが生霊がついてしまうとよくないことが起きたり知らず知らずのうちに不幸になってしまうことがあります。そこで今回は生霊とはどんなものなのかと言うことや生霊返しについてお伝えしていきます。

生霊とは

生霊とは生きている人が無意識に送り出すエネルギーのことを指します。従来生きている人間の霊魂は体内にありますが、生霊は生きている人間の霊魂が体の外に出て自由に動き回ることができるとされています。送っている本人も自分が生霊となって誰かについていると言う自覚があるわけではありません。ついている人も自分が生霊がついていると言う事を自覚することが少ないです。生霊は見える人にとっては人の顔が分かる位鮮明に見えるそうです。死んでから霊となる場合や思い残したことがあってその場を離れられないと言う霊とは違い、生きている状態で場所や人にエネルギーを送っています。

生霊になる原因

次に生きている人間が生霊になる原因についてお伝えしていきます。思い残したことがあって死んでいった場合に霊となって現れるのとは違い、生きている状態で強い怨念があると言うことなので一般的に言われる霊よりも恐ろしいです。

執着心が強い

生霊になるのにはいくつかの原因が考えられますが、1番原因となる理由は「強い執着心」です。例えば好きな人がいるのに他の人に奪われてしまった場合や、思いを残したまま別れてしまった場合などに、もともと執着心が強いタイプの人がさらに強い執着心が芽生え支配したい欲求など他にも心理的な理由が加わることで生霊が出来上がっていきます。この場合生霊となってしまった方も自分では生霊となっていることがわからないことが多いので気をつけないといけません。

憎しみや恨み

先ほどお伝えした執着心が強いと言う事と似ていますが、憎しみや恨みが強かったりすることで生霊となるケースもあります。強い思いがある場所はもちろんですが恨みがある人がいる場合、その相手についてしまうことが多いです。憎しみや恨みが強くその気持ちをどこにぶつけていいかわからない人、自分1人ではその気持ちを消化しきれない場合などに自分では知らない間に生霊となってしまうケースがあります。

危険な恋愛感情や支配欲求

生霊となってしまう人は憎しみや恨み執着心が強いのが特徴ですが共通して言えるのは歪んだ愛情表現や危険な恋愛感情があることです。特に恋愛や結婚においては自分のものにしてしまいたいと言う支配欲求や思い通りにいかないことが気に入らないと言う些細なことがきっかけで大きな憎しみや怒りを買ってしまう場合があります。愛情を知らないで育った人や人と信頼関係を築くことが難しい人、自分自身の感情のコントロールができない人には特に多い傾向があります。

生霊を祓う方法

生霊となっている方も生霊となっている事を知らない場合もありますし、生霊がついてしまった人も生霊がついているとしっかりと自覚できない場合もあります。しかし生霊はとても厄介なので万が一生霊がついてしまった場合の払い方を知っておくことも必要です。そして恨みつらみや執着心が強いことで生霊になっているのでまずはその相手生霊となっている人が誰だと言うことを特定しなければいけません。ここでは生霊を払う方法についてお伝えしていきます。

生霊返し

生霊を払う方法として一番効果的なのは信頼している霊能者に生霊返しをしてもらうことです。しかし既になくなっている霊とは違い、生霊は霊能者でも1番払うのが難しいと言われています。それは相手がまだこの世に存在していることで一時的に払ったとしても相手の怨念が強ければまた生霊が来る可能性があるからです。力のある霊能者はついている生霊を自分の強い力で封じ込めることができるとされていますが一般の人にはなかなか難しい方法です。その場合は不動王生霊返しと言う呪文があるのでこれを言う方法をおすすめします。

相手と縁を切る

生霊はこの世にいる人の怨念の塊ともいえます。そのため払ったとしてもまだついてくる可能性が高いです。相手が特定できたら生霊を送っている人はもちろん、その生霊を送ることになった原因の人も含めて一切の縁を切ると言うことがおすすめです。先ほどもご紹介したように生霊になる人は執着心が強かったり恨みや憎しみが通常の人よりもかなり強い人といえます。ストーカーになってしまう場合や事件に発展してしまう可能性も大いにあるので危機を感じる前に相手と縁を切ったり距離を取ったり一切の連絡を絶ちきることをおすすめします。

浄化・除霊

生霊を払うときに専門的な霊能力者などが身近にいない場合、浄化や邪気払いをすることがおすすめです。この場合注意してほしいのは、生霊を払うと言うことではなく定期的に邪気払いや浄化を行うことで邪気が祓われると言うことです。相手が特定できていたとしても決定的な解決にはならないので長期戦になりそうな時や自分の気持ちもネガティブになってしまう時があると思います。そんな時に自分自身や自分の気持ちを浄化するために行うことがおすすめです。

プロに頼る

何度もお伝えしているように生霊を送っている人は普通の精神状態ではありません。強い恨みや怨念を持っている人です。根本的に解決したい場合は一時的なお祓いや浄化では効果がないこともあります。生霊を送っている人は自分でも自覚がない間に生霊となってしまっていることが多いです。生霊がついてしまった人も相手をまず特定するところから始めその生霊を返すと言うのは相当なエネルギーを使います。そして相手が生きている限り同じことが起こる可能性もあります。その場合生霊返しや生霊を払うことができるプロに頼ることもおすすめです。もし生霊を送ってきている人が自分の知っている人だと今後も何かしらで関わっていく可能性もあります。自分で何か手を打とうとしても現実の人間関係がややこしくなることもあるのでその場合はプロに頼むのが1番です。

生霊を送った方もダメージが大きい

生霊を送っている人は自分では自覚がないことがほとんどです。しかし生き霊飛ばしていると言う事は魂を飛ばしていると言うことになるので生霊を受け取った人と同じ位のダメージがあります。しかし自分の魂や精神を犠牲にするほどの強い恨みがあって生霊となってしまうのです。健康状態を損ね、精神状態も不安定になり、日常生活もままならないほど体調を崩すといいます。生霊がついてしまうのもあってはならないことですが、自分が生霊になってしまうのも避けたいものです。強い恨みがあって自分が生霊を送りたいと考えている人は魂を削るほどのダメージがあるということを覚えておき生霊を飛ばしたい気持ちをぐっとこらえてください。

まとめ

今回は生霊や生霊返しについてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?日常生活で危ない経験やおかしいことがあったとき、生霊がいるのかもと思ってしまうことがあるかもしれません。本当に生霊がついていたらしっかりとお祓いをすることが大切ですし、うまくいかないことを何でも生霊のせいにしてしまうのもやめましょう。生霊となってしまった方も生霊がついてしまった方もをいいことは1つもありません。



占いちゃん

占いちゃん

「占いちゃんは考えた」は占いで暮らしを豊かにすることを目指すWEBメディアです。占いを通して、読者の皆様の生活が楽しくなるキッカケをお届けしたいと運営しています。真摯に読者さんと向き合って、楽しくなる占い情報をお届けしていきます。また、占いは人の悩みを解消の糸口になりますが、相談者の心の弱みにつけこんだ悪質な占いもあります。鑑定料と称し高額な金額を請求する占い師もいます。そういった被害が起きないようにも「占いの正しい付き合い方」、「占い前に準備すること」、「占いって当たるの?」といった記事も書いていますのでぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。私たちが生まれる大昔から占いは人々の生活を送る上での知恵となってきました。占いによって人生を好転した方も沢山いらっしゃいます。「占いちゃんは考えた」では面白い・楽しい占い情報をお届けしながら、読者皆様の人生が少しでも開運する手助けができたらなと思い運営しています。ぜひ記事を読んでいただけたら嬉しいです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。