お墓参り 風習

仏教の主な宗派とその違い!天台宗・真言宗・浄土宗・浄土真宗・臨済宗・曹洞宗・日蓮宗の簡単な説明と檀家の解説

占いちゃんは考えた

占いちゃんは考えた!は現役占い師メンバーとアシスタントで更新している占い情報WEBメディアです。占いを通して恋や仕事の参考にしたい開運方法・おまじない・パワースポット などスピリチュアル情報など、暮らしが楽しくなる内容を発信しています。経歴としては今まで1,000人以上の方を鑑定していました。ぜひ色々と読んでいただけると嬉しいです。 また2022年運のいい誕生日ランキングまとめました! さらに占いちゃんは考えたインスタグラムはこちら▶

仏教の宗派について知っていますか?ここでは主な宗派について解説するのとそれを支える檀家について紹介していきます。 天台宗・真言宗・浄土宗・浄土真宗・臨済宗・曹洞宗・日蓮宗など様々な宗派を紹介していきますのでぜひご参考にしてください。  

日本人と宗派

私たち日本人は、お盆には田舎に帰ってお墓参りをし、クリスマスにはプレゼントを交換し、お正月には神社に初詣に行きます。私たちは、仏教、神道、キリスト教など様々な宗教を受け入れ、日常生活の中に取り入れています。普段は自分の宗派を意識することなく生活しています。 その中で、仏教に触れるのは、お葬式や法事の時です。葬儀や法要に参加するだけでは、仏教の詳細を知ることはできませんが、自分で葬儀や法要を行うことで、初めて仏教と真剣に向き合うことができるのではないでしょうか。最近では、葬儀社やお仏壇屋さんに「あなたの宗派は何ですか」と聞かれて、慌ててしまう人も多いようです。 仏教には様々な宗派があります。仏教には様々な宗派があり、宗派ごとにご本尊や教義、お仏壇に納めるお経などが異なります。 宗派を知らずして、仏事を行うことも、仏壇を購入することもできません。自分の宗派を知ることが必要なのです。 自分の宗派を調べることは、自分のルーツを調べるようなものです。ご両親が亡くなっている場合は、まず父方の家族や親戚に聞いてみましょう。父方の親戚がいない場合は、お寺に聞くことになるかもしれません。 また、家族の宗派に関係なく、自分の信じる宗派を決めることもできます。お寺やお墓に行くのに便利だからと、家の近くのお寺を菩提寺にする人もいます。菩提寺とは、家族が代々信仰してきたお寺で、葬儀や法事を行う場所のことです。 お寺を選ぶ際には、自分が納得できる宗派のお寺であることが大切です。お寺を選ぶときには、そのお寺の宗派が自分のものになるので、自分が納得できる宗派のお寺であることが大切です。  

仏教はインド生まれ

インドで生まれた仏教が日本に伝わったのは500年代半ば頃と言われており、聖徳太子が天皇を補佐する摂政になってから仏教が広まったと言われています。聖徳太子は法隆寺を建立し、日本に仏教を定着させました。 仏教文化が花開いたのは奈良時代である。聖武天皇は国を守るために、国分寺と国分尼寺を全国に建てるように勅令を出し、それをきっかけに日本中にお寺が建てられました。現在でも、日本各地の地名には「国分寺」の名が残っている。東京では東大寺の大仏が建てられた。 平安時代(794-1185)には、最澄と空海(後の弘法大師)という二人の偉大な仏教徒が現れ、最澄が創始した天台宗と空海が創始した真言宗が誕生しました。 鎌倉時代になると、親鸞聖人や日蓮聖人など多くの仏教の開祖が現れ、多くの宗派が誕生しました。そのため、現在の日本には様々な宗派が存在し、十三宗五十六派とも言われています。ここでは、主な宗派を紹介します。  

次のページへ >

  • この記事を書いた人

占いちゃんは考えた

占いちゃんは考えた!は現役占い師メンバーとアシスタントで更新している占い情報WEBメディアです。占いを通して恋や仕事の参考にしたい開運方法・おまじない・パワースポット などスピリチュアル情報など、暮らしが楽しくなる内容を発信しています。経歴としては今まで1,000人以上の方を鑑定していました。ぜひ色々と読んでいただけると嬉しいです。 また2022年運のいい誕生日ランキングまとめました! さらに占いちゃんは考えたインスタグラムはこちら▶

-お墓参り, 風習