お墓参り 風習

お盆とは?お彼岸・送り火・迎え火や新盆・盆提灯・精霊流し・精霊棚について解説!仏教的意味について

占いちゃんは考えた

占いちゃんは考えた!は現役占い師メンバーとアシスタントで更新している占い情報WEBメディアです。占いを通して恋や仕事の参考にしたい開運方法・おまじない・パワースポット などスピリチュアル情報など、暮らしが楽しくなる内容を発信しています。経歴としては今まで1,000人以上の方を鑑定していました。ぜひ色々と読んでいただけると嬉しいです。 また2022年運のいい誕生日ランキングまとめました! さらに占いちゃんは考えたインスタグラムはこちら▶

お盆休みでよく聞く「お盆」という単語。休みだけだと思っていませんか? 今回はお盆について解説していきます。ぜひ参考になると嬉しいです。

お盆(送り火・迎え火)とは

お盆は正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。亡くなった方やご先祖様の霊が1年に1度帰ってくると言われており、お盆はその霊を迎え入れ、お供え物をする時期です。 東京では7月13日から7月16日まで、その他の地域では8月1日からお盆を迎えます。その他の地域では8月1日から16日まで行われ、8月のお盆を「旧盆」または「遅盆」と呼びます。お盆の前日には、故人や先祖の霊を迎えるための準備が行われます。 13日の夜には、家の前で焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きの皿に火を灯します。亡くなった人や先祖の霊を迎え火で迎えます。 地域によっては、お墓参りの後、墓地で盆提灯を灯し、精霊を家に導くところもあります。 また、菩提寺の住職が檀家を回ってお経を唱える「棚行」を行う地域もあります。 浄土真宗では、迎え火を焚いて精霊を迎える習慣はありませんが、お盆の時期には盆提灯を飾って、仏様やご先祖様に感謝の気持ちを伝えます。 16日には再び火を灯し、「送り火」として精霊を送り出します。京都の有名な「大文字焼き」もこの送り火の一つです。 実際に火を灯すことができない場合は、迎え火や送り火として盆提灯が飾られます。盆提灯は、精霊がその家に滞在していることを示すものと考えられている。

新盆・盆提灯とは

新盆は四十九日の忌明け後、最初に迎えるお盆で、「にいぼん、しんぼん、はつぼん」と呼ばれています。家族が集まり、親戚を呼んで手厚く供養します。 四十九日までにお盆を迎えた場合は、翌年が新盆となります。多くの場合、僧侶による写経が行われます。亡くなった人の霊が帰ってくる最初のお盆なので、新盆用の白い提灯をお盆の期間中に軒先や仏間に吊るして、霊が迷わないようにします。 仏壇の両脇と精霊棚の両脇には、絵柄の入った盆提灯を1~2個ずつ飾ります。スペースに余裕がない場合は、左右に1つずつしか飾らないこともあります。地域によっては、近親者が盆提灯を贈る習慣があります。 新盆の白提灯は、玄関や縁側の軒先、仏壇の前などに吊るします。白提灯はロウソクで灯せるようになっていますが、危険なので灯さない場合が多いようです。 新盆の白提灯は、送り火で燃やしたり、菩提寺で処分したりします。それができない場合は、火袋に少し火を入れて燃やし、火を消して新聞紙に包んで処分します。 絵柄の入った盆提灯は毎年飾られるので、火袋の埃を取り、部品をよく拭いてから箱に収納します。安全のために防虫剤を入れるのもいいでしょう。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

占いちゃんは考えた

占いちゃんは考えた!は現役占い師メンバーとアシスタントで更新している占い情報WEBメディアです。占いを通して恋や仕事の参考にしたい開運方法・おまじない・パワースポット などスピリチュアル情報など、暮らしが楽しくなる内容を発信しています。経歴としては今まで1,000人以上の方を鑑定していました。ぜひ色々と読んでいただけると嬉しいです。 また2022年運のいい誕生日ランキングまとめました! さらに占いちゃんは考えたインスタグラムはこちら▶

-お墓参り, 風習