お墓参り 風習

法事の行い方!準備や手順、費用や御布施・案内状・マナーなど

占いちゃんは考えた

占いちゃんは考えた!は現役占い師メンバーとアシスタントで更新している占い情報WEBメディアです。占いを通して恋や仕事の参考にしたい開運方法・おまじない・パワースポット などスピリチュアル情報など、暮らしが楽しくなる内容を発信しています。経歴としては今まで1,000人以上の方を鑑定していました。ぜひ色々と読んでいただけると嬉しいです。 また2022年運のいい誕生日ランキングまとめました! さらに占いちゃんは考えたインスタグラムはこちら▶

法事って何をすべきか分かりませんよね。そこで法事の行い方!準備や手順、費用や御布施・案内状・マナーなどについてまとめました。 ぜひ参考になると嬉しいです。

法事の準備や手順

  四十九日や一周忌の法要を行う家長を「施主」といいます。一般的には、葬儀の際に喪主を務めた人が喪主を務めます。 喪主は主催者として次のような手順で準備します。 菩提寺の住職に相談し、法要の日時を伝える。 法要の場所と招待者数を決める。 法要後の会食の場所を決め、招待状を送る。 お料理の内容と席順を決める。 引き出物の準備をする。 お供え物の準備をする。

法事の当日

法要当日は、次のように進めるのが一般的です。 僧侶による読経、参列者による焼香、僧侶による法話、お墓参り、主催者による挨拶、会食。 焼香の順番は、主催者が最初に焼香し、次に故人と縁の深い人が焼香します。 法要の構成は、大きく分けて僧侶の読経による法要と会食に分かれます。 法要後の食事を「お斎」といい、僧侶が出席する場合は常連客となります。 法要は、寺院や自宅、墓地などで行い、その後、同じ場所で会食する場合と、ホテルやレストランに場所を移して行う場合がある。 また、家族や親族だけで法要を行い、故人と親しかった他の友人や知人には、直接会場に来てもらって会食を行う場合もあります。この場合、故人の遺影が飾られた献花台に花を供えることもあります。 食事の始めには司会者が参列者に挨拶をし、食事の終わりには司会者が参列者に挨拶をします。祭主や故人と関係の深かった友人がスピーチをすることもあり、「献杯」が行われることもあります。  

法事にかかる費用

法事にかかる費用は、法事の規模によって異なりますが、あらかじめ目安を立てておいたほうがよいです。
  1. 会場費・会食費(お斎(とき)の飲食代)
  2. 御布施(住職への謝礼)
  3. 引き出物
  4. その他(案内状の印刷代、送迎の車代)
 

御布施とは

お供え物には、「法施」「無有施」「財施」の3種類があります。 慈善活動には、「法施」「無為施」「財施」の三種類があります。法施」は仏の教えを説いて人に与えること、「無為施」は人の悩みや苦労を取り除くこと、「財施」は金品を与えることである。本来、仏様に自ら進んでお供えするものであり、決まった額はありません。 また、自分の能力を最大限に発揮して与える行為ですから、その人の社会的地位や資産によって、差し出す金額が異なるのは当然です。 実際、初めての寄付では、どのくらいの金額を出せばいいのか迷うこともあるでしょう。お寺に詳しい檀家さんや親戚の方に聞くか、お寺に直接相談するのが良いでしょう。 以下の情報はあくまでも参考程度にお考えください。

御布施

2万円から50万円のあいだで、自分にふさわしい額にしましょう。 表書きは、「御布施」とし、「御経料」とか「御礼」は書きません。

御膳料

法要後の会食に住職が欠席したとき、住職に渡します。 ふたりに来てもらった場合はひとりずつに渡します。 ひとり1万円程度となります。

塔婆供養料

法要で卒塔婆を立てる場合に包みます。 寺により卒塔婆料は決まっていますので一度、確認したほうがよいと思います。 1本3千円〜6千円くらい。

御車代

住職に自宅や墓地まで出向いてもらった場合、送迎の有無にかかわらず、渡します。 5千円・1万円くらいとなります。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

占いちゃんは考えた

占いちゃんは考えた!は現役占い師メンバーとアシスタントで更新している占い情報WEBメディアです。占いを通して恋や仕事の参考にしたい開運方法・おまじない・パワースポット などスピリチュアル情報など、暮らしが楽しくなる内容を発信しています。経歴としては今まで1,000人以上の方を鑑定していました。ぜひ色々と読んでいただけると嬉しいです。 また2022年運のいい誕生日ランキングまとめました! さらに占いちゃんは考えたインスタグラムはこちら▶

-お墓参り, 風習