「占いちゃんは考えた」LINE公式アカウントを始めました!
友だち追加してくれた方には感謝の気持ちを込めて、無料であなたの性格・本質を占います。

他にもココだけの占いコラムや更新情報も紹介中です!
▼▼▼
友だち追加

※さらに2023年運の良い誕生日!運勢ランキング1位〜366位も公開!ぜひ御覧ください!

https://www.uranai3.com/25960.html

お墓参り 風習

年忌法要(法事)はいつまで?年忌法要やその回数

Avatar photo

占いちゃんは考えた

占いちゃんは考えた!は現役占い師メンバーとアシスタントで更新している占い情報WEBメディアです。占いを通して恋や仕事の参考にしたい開運方法・おまじない・パワースポット などスピリチュアル情報など、暮らしが楽しくなる内容を発信しています。経歴としては今まで1,000人以上の方を鑑定していました。ぜひ色々と読んでいただけると嬉しいです。 また2022年運のいい誕生日ランキングまとめました! さらに占いちゃんは考えたインスタグラムはこちら▶

年忌法要こと法事はいつまでつとめるのが一般的なのでしょうか? ここでは年忌法要やその回数などについて紹介していきたいと思います。

一周忌とは

一周忌は、故人が亡くなってから1年後に、故人と関係の深かった家族や親戚、友人、知人などを招いて法要を行うものです。 偲ぶ会は命日の当日に行うのが理想ですが、実際には参列者の都合で週末に行うことが多いようです。また、命日よりも1日早い日に行うのが一般的です。 喪中は一周忌まで続きますが、この日をもって喪が明けます。喪に服している期間中は、新年の挨拶や正月飾り、初詣などの正月行事は避けます。  

年忌法要とは

年忌法要は、年中行事とも呼ばれ、一般的には仏式の法要と呼ばれるものです。 亡くなった翌年を一周忌、その2年後を三回忌としています。亡くなった年を含む三回忌から、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌の法要を行います。 一周忌と三回忌は、四十九日法要の後に行われる最も重要な法要です。親族を招いて大規模な法要を行います。法要をスムーズに行うためには、最低でも2ヶ月前から準備を始めるのが良いでしょう。 まず、僧侶と相談して法要の日取りを決めます。法要当日に塔婆を立てたい場合は、事前に僧侶に相談しておきましょう。次に、法要を自宅で行うのか、菩提寺で行うのか、葬儀社で行うのかを決めます。一般的には、関東では菩提寺で、関西では自宅で行うことが多いようです。菩提寺以外の場所で法要を行う場合は、「お布施」の他に「お車代」を入れるのが一般的です。また、僧侶が会食を辞退する場合は「御膳料」を入れることもあります。 日時と場所が決まったら、招待客の人数を決めて、1ヶ月前に招待状を出します。出席者数が確定したら、ディナーとプレゼントの準備をします。プレゼントは1家族につき1つと言われています。表書きには「志」または「粗供養」と書き、下段には贈る相手の家族の名前を書きます。菩提寺へのお礼状の表書きは「御布施」とし、「御供養」や「御霊」とは書かないようにします。 法要の服装については、司会者は正装し、数珠を忘れずに持参します。 一周忌と三回忌は、必ず一回の法要として行います。七回忌以降は、同じ年に法要が重なった場合はまとめて行ってもよく、法要の日は故人の命日に合わせるようにします。慰霊祭の日は故人の命日に合わせてください。これを「合同供養」または「合同供養」といいます。 いつまで供養すればいいのかという質問をよく受けます。三回忌までは、家族や親戚など、故人と関係の深かった人たちを招いて行います。 法要の回数は、地域の風習や菩提寺の考えによって異なりますが、一般的には、三十三回忌や五十回忌を最後の法要、つまり「弔い上げ」としています。

次のページへ >

  • この記事を書いた人
Avatar photo

占いちゃんは考えた

占いちゃんは考えた!は現役占い師メンバーとアシスタントで更新している占い情報WEBメディアです。占いを通して恋や仕事の参考にしたい開運方法・おまじない・パワースポット などスピリチュアル情報など、暮らしが楽しくなる内容を発信しています。経歴としては今まで1,000人以上の方を鑑定していました。ぜひ色々と読んでいただけると嬉しいです。 また2022年運のいい誕生日ランキングまとめました! さらに占いちゃんは考えたインスタグラムはこちら▶

-お墓参り, 風習