お墓参り 風習

法要(法事)とは?十王審判と十三仏信仰や年回表(法事早見表)も紹介!

占いちゃんは考えた

占いちゃんは考えた!は現役占い師メンバーとアシスタントで更新している占い情報WEBメディアです。占いを通して恋や仕事の参考にしたい開運方法・おまじない・パワースポット などスピリチュアル情報など、暮らしが楽しくなる内容を発信しています。経歴としては今まで1,000人以上の方を鑑定していました。ぜひ色々と読んでいただけると嬉しいです。 また2022年運のいい誕生日ランキングまとめました! さらに占いちゃんは考えたインスタグラムはこちら▶

みなさんは法要について知っていますか?分からないことも多いと思います。 一般的には法事と呼ばれていますが厳密に言うと法事と法要には違いがあります。 その内容に関して今回は記載していきます!

法要(法事)とは?

まず、仏事と法要について、できるだけわかりやすく説明したいと思います。 厳密には、僧侶による読経を含む法要を「法要」といい、法要とその後の会食を含む行事を「偲ぶ会」といいます。 また、「初七日」「四十九日」「一周忌」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 これらは、故人の死後に行われる大切な供養のためのものです。 法要」とは、仏になった故人を供養するという意味の仏教用語で、「偲ぶ会」とも呼ばれています。 法要の目的は、故人を偲び、その冥福を祈ることにあります。 故人があの世で良い報いを受けるために、この世に残された者が故人を供養するのです。 法要は、故人が築いた人と人とのつながり、「この人がいたから私がいる」というつながりを再確認し、故人への感謝の気持ちを新たにし、自分自身を振り返る場でもあります。 仏教では、法要の日にちは決まっています。 仏教では、死後7日ごとに四十九日まで行う法要と、一周忌、三周忌、七回忌、十三回忌に行う年忌法要があります。 仏教では、故人は死後7週間はあの世とこの世の間をさまよっていると考えられている。 この49日間を「中陰」といいます。 死後7日目から7日ごとに閻魔大王をはじめとする10人の王によって生前の行いを7回裁かれ、49日目に来世の行き先が決まるという。残された家族は、故人が極楽浄土に行けるように善意を送るために法要を行います。年忌法要は、故人が極楽浄土に行った後、さらに精進する道に導くために行われます。 一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌に続いて、三十三回忌が行われます。ただし、一般的には三十三回忌や五十回忌が最終的な供養の日とされています。

法要を営む日

表にしてみたのでぜひご覧くださいませ。
初七日 しょなのか 命日も含めて7日目
二七日 ふたなのか 命日も含めて14日目
三七日 みなのか 命日も含めて21日目
四七日 よなのか 命日も含めて28日目
五七日 (=三十五日) いつなのか (さんじゅうごにち) 命日も含めて35日目
六七日 むなのか 命日も含めて42日目
七七日 (=四十九日) なななのか (しじゅうくにち) 命日も含めて49日目
百カ日 ひゃっかにち 命日も含めて100日目
一周忌 命日から満1年目
三回忌 命日から満2年目
七回忌 命日から満6年目
十三回忌 命日から満12年目
十七回忌 命日から満16年目
二十三回忌 命日から満22年目
二十七回忌 命日から満26年目
三十三回忌 命日から満32年目
三十七回忌 命日から満36年目
四十三回忌 命日から満42年目
四十七回忌 命日から満46年目
五十回忌 命日から満49年目
百回忌 命日から満99年目

次のページへ >

  • この記事を書いた人

占いちゃんは考えた

占いちゃんは考えた!は現役占い師メンバーとアシスタントで更新している占い情報WEBメディアです。占いを通して恋や仕事の参考にしたい開運方法・おまじない・パワースポット などスピリチュアル情報など、暮らしが楽しくなる内容を発信しています。経歴としては今まで1,000人以上の方を鑑定していました。ぜひ色々と読んでいただけると嬉しいです。 また2022年運のいい誕生日ランキングまとめました! さらに占いちゃんは考えたインスタグラムはこちら▶

-お墓参り, 風習