パワースポット 神社 言い伝え 開運術

弁財天様を待ち受けにすると運気アップに効果的!弁財天様のご利益とは?

運気が上がる待ち受け画像というと様々な種類がありますが、弁財天様の待ち受け画像は金運アップに効果が期待できるということはご存知でしょうか?七福神の中の1人である弁財天様は財運や金運の神様と言われています。今回は金運アップに効果の高い弁財天様を待ち受けにする効果についてお伝えしていきます。

 

1.弁財天様とは?

「弁財天様」というと誰もが一度くらいは名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか?日本では有名な七福神の中の1人で七福神で唯一の女の神様です。弁財天様というと商売繁盛や財運、金運アップの神様と言われ、別名「財福の神」と言われたりします。財運向上を叶える神様で、臨時収入が入ってきたり、勝負運にも恵まれるとされています。最初に弁財天様の特徴についてお伝えしていきます。

 

1-1.弁財天はヒンドゥー教の女神サラスヴァティー

弁財天様とは、仏教の守護神であるヒンデュー教の女神、サラスヴァティーが仏教や神道に取り入れられた呼び名で、日本では七福神の中の1人として伝えられています。七福神の中で唯一の女の神様で、見た目は琵琶を弾く姿が描かれていることが多いです。もともとは川の神様で水の流れる音が聞こえることから女神として知られてきたのが始まりと言われています。

 

1-2.弁財天の姿

弁財天には様々な姿があるとされていて、8本の腕を持ち武装している弁財天、頭の上に別の人の顔を乗せている弁財天、2本の腕で天女の姿をしている弁財天、など色々な姿をしているところも特徴の一つです。琵琶を弾いている姿が一般的ですが、実はこの姿は歴史が浅く、琵琶を持っているというイメージはあるものの、その姿の仏像などには実際にはなかなかお目にかかることができません。

 

1-3.吉祥天と混同されやすい

弁財天様は七福神の中で唯一の女の神様です。しかし、実際は七福神の女の神様は吉祥天(きちじょうてん)だったと言われています。吉祥天もインド由来の女の神様だったことから、古くから弁財天様と吉祥天は混同されることが多くありました。日本の神様として受け入れられてきた弁財天様に対して吉祥天は信仰が薄れていきましたが、弁財天が七福神に入れられるようになり、同じ天女姿ということで吉祥天が弁財天様になったと言い伝えられているようです。

 

次のページへ >

-パワースポット, 神社, 言い伝え, 開運術