スピリチュアル 言い伝え 開運術

本当に存在する?「きさらぎ駅」のシナリオや噂の真相とは?

「きさらぎ駅」という駅をご存知でしょうか?都市伝説では有名な実際には存在しない駅のことです。ネット上では異世界への入り口として語り継がれているのですが、噂によると普段通り電車に乗っているといつの間にか「きさらぎ駅」に電車が到着してしまうと言うのです。きさらぎ駅で降りてしまうと帰れなくなると言う噂もあり、真相は謎に包まれています。今回はその「きさらぎ駅」についてどんな駅なのかということや行き方、もしも知らない間にきさらぎ駅に着いてしまった場所の対処法についてお伝えしていきます。

 

1.きさらぎ駅とは?

きさらぎ駅とは現在の日本にはどこにも存在しないはずの駅です。一説には異世界にあるとされる駅で、現実には存在しないはずの駅です。「はすみさん」と言う方がネット上に書き込んだことにより、きさらぎ駅は都市伝説として語り継がれることになりました。普段通り電車に乗っていると電車の様子がおかしいと言うことに気づき、「きさらぎ駅」という全く知らない駅で降りることになりましたが、その後彼女が行方不明になってしまったと噂されています。このはすみさん以外にも「きさらぎ駅」にたどり着いてしまったと言う人は数人存在し、いつもと同じように電車に乗っていたのになぜか不思議と見たこともない駅に着いてしまったと言うのです。「きさらぎ駅」は現実世界との時間のズレが生じていて異世界にいるような感覚に襲われる場所といえます。

 

2.きさらぎ駅に着いてしまったら?

一説によると「きさらぎ駅」で降りてしまうと、現実の世界には戻れなくなってしまうと言われています。しかし、「きさらぎ駅」には行こうと思って行くわけではなく、電車に乗っていたら知らず知らずのうちに着いてしまったということが多いのです。電車に乗っていたら、もしかして見ず知らずの駅に着いてしまうかもしれません。次はもしかしたらそこが「きさらぎ駅」かもしれないと思った時の対処法をお伝えしていきます。

 

2-1.電車を降りてはいけない

普段通り電車に乗っていて見ず知らずの駅に着いてしまった場合、そこが「きさらぎ駅」の可能性があります。「きさらぎ駅」は異世界の入り口なので一度降りてしまうと現実の世界に戻れなくなってしまいます。そのため電車の様子がおかしいと感じたとしても駅に降り立ってはいけません。「きさらき駅」に行ってしまったと言う人の体験談で体が電車から降りかかっていても足がまだ電車内に残っていたと言う人が無事に生還したと伝えられています。しかし「きさらぎ駅」に行ったことがある人でも無事に生還したと言う人もいます。しかし一回「きさらぎ駅」に降りてしまった人はその後数年後に消息不明になっていることもあります。きさらぎ駅だと感じても電車を降りたら現実に戻れなくなると思った方が良いです。

 

2-2.炎を焚いて煙を出す

「きさらぎ駅」に降り立ったと言う人の体験談の中に無事に生還したと言う人がいます。無事に生還できた理由として炎を焚いて煙を出したことで異世界への入り口が絶たれ現実の世界に戻ることができたと言うものです。炎を抱いて煙を出すことがなぜ生還できる理由かは確認されていませんが、これを知っていることで、万が一「きさらぎ駅」に降りてしまったとしても現実世界に戻ってこれる可能性が高まります。

 

2-3.現実世界の人に電話をかける

炎を炊いて煙を出したと言う人以外に「きさらぎ駅」から生還した人がいます。その人が現実世界に戻ってきた理由は友人から電話が来たからという理由です。その時は「きさらぎ駅」に降り立ってしまったらしいのですが、まだ現実の世界と異世界の間にいたらしく、その途中で友人から電話が来て話をしたことで現実世界に戻ったといいます。その人は異世界に行きかけていたときの記憶が曖昧だそうです。その時に友人からタイミングよく電話がかかってきたそうですが、万が一電車や駅に違和感を感じ、「きさらぎ駅」に着いてしまったかもしれないと思ったら、誰かに電話をかけて現実の世界とつながっておくことで生還できる可能性があります。

 

次のページへ >

-スピリチュアル, 言い伝え, 開運術