おまじない スピリチュアル 言い伝え 開運術

宝くじが当たらないのには理由があった?! 理由を知り当選確率を上げる為にできること

宝くじを買う人は当たらないかもしれないと言う気持ちもありますが、当たったら何をしたい、何を買いたいと言うワクワクする気持ちも大きいですよね。しかし残念ながら現実は当たらないことの方が多く、やっぱりかと残念な気持ちになることが多いと思います。そこで今回は宝くじが当たらないと思っている人のために宝くじの当選確率を上げる方法や宝くじの仕組み等についてお伝えしていきます。

 

1.宝くじの仕組み

宝くじと言うと誰もがその存在は知っていますが詳しく宝くじの仕組みを知っている人は少ないと思います。日本の成人の7割の人が宝くじを購入した経験があると言われていますが、その宝くじの仕組みは意外と知られていません。宝くじは全国の都道府県と20の指定都市のみが販売できるもので、一般の個人や企業は販売することができません。銀行が発売元である地方自治体から委託され運営を行っていて、みずほ銀行が受託銀行として宝くじの運営を行っているのは、元みずほ銀行である第一勧業銀行が以前から運営に関わっていたからという理由です。委託を受けた銀行は次の業務を行っています。

 

〈委託を受けた銀行が行う業務〉

1.宝くじの図柄選択

2.印刷

3.売り場発送

4.広報宣伝

5.抽選

6.当選番号発表

7.当選金支払い

 

2.宝くじの還元率

次に宝くじの還元率についてお伝えしていきます。まず宝くじの還元率は売り上げに対して当選金をいくら出すかと言う割合を示すものです。宝くじが一億円売れて当選金が1億円になると還元率は100%となります。2019年の宝くじの還元率は約46%と言う実績になっていて、実は宝くじの還元率は当選金付証票法という法律により、発売額の5割相当を超えてはいけないと決まっているのです。と言う事は、宝くじは購入した時点で半額以下の儲けになる事が決まっていると言うことになります。しかしそこは宝くじなので例えば300円と言う小額の投資が数千万円もしくは数億円という高額を手にできるかもしれないと思うと夢がありますよね。

 

3.宝くじの当選確率は?

そこで次に気になるのが宝くじの当選確率です。1枚数百円だとしてもお金を出して買うのであれば、どうせなら当たりたいですよね。宝くじの当選確率は1等の億単位になると1000万分の1、1等前後賞で500万分の1、組み違いで101000分の1、2等で200万分の1と言う確率になっています。2等の1,000万円でも確率が200万分の1となるともう桁が大きすぎてよくわからない確率になってしまいますね。例えて言うなら1等の億単位の当選確率が自分に雷が落ちる確率と同じくらいと言うレベルなので人生の中で起こるか起こらないか分からないと言う位の奇跡的な確率といえます。

 

次のページへ >

-おまじない, スピリチュアル, 言い伝え, 開運術