スピリチュアル パワースポット 神社 縁起が良い 言い伝え 開運術

神様の神様とも言われる「あめのみなかぬしさま」の奇跡とは?

言葉には不思議な力があると言われていますが、聞いたことがあるでしょうか?「言霊」と言われプラスの波動を持つプラスの言葉が幸運を引き寄せ、マイナスの波動を持つマイナスの言葉は不運を引き寄せると言われます。最強の幸運を引き寄せる最強の言霊を持つ「あめのみなかぬしさま」は、最強の言霊を持つと言われ、その言葉を唱えると奇跡が起こると言われています。今回は「あめのみなかぬしさま」についてお伝えしていきます。

 

1.天之御中主様(あめのみなかぬしさま)とは?

あめのみなかぬし様は宇宙を司る神と言われています。その歴史はとても古く、日本最古の歴史書と言われる「古事記」にも登場しています。世界の始まりとされる天地解明の時に初めて姿を現したと言われ、日本では最高神とされています。あめのみなかぬし様は宇宙の根元とされ、宇宙の中に唯一存在する大元の神様なのです。

 

2.天之御中主様(あめのみなかぬしさま)の役割

神様は人によりいろいろな解釈の仕方や位置づけが違いますが、あめのみなかぬし様は神様の大元と言われる存在なので、強力な力を持った神様です。次はあめのみなかぬし様の役割についてお伝えしていきます。

 

2-1.自分の内側に存在する内神

神様は外神様と内神様の2種類に分けられると考えられています。外神様が宇宙を創造した神様であるとされ、宇宙の中心にただ1つだけ存在する絶対的な神様です。これはあめのみなかぬし様のことを表しています。そして一人ひとりに「分け御霊(わけみたま)」と言うものが与えられています。自然界に存在するすべてのものには神が宿るとされています。それは私たち人間にも与えられていて、神様と同じ存在が人間にも1つずつあると考えられ、その存在を「内神」呼び、潜在意識と呼びます。

 

2-2.人は内神様に救われている

神様は人間を助けると言う気持ちを常に持っています。しかし、あめのみなかぬし様は大元の神様とされ1人しか存在していないので、地球上の大勢の人を見守って救うことが難しいのです。そのためひとりひとりに与えられた「内神様」と呼ばれる存在が困ったときに手を差し伸べてくれたり救ってくれたりすると言われています。

 

2-3.外神様と内神様の関係

一人ひとりの中に与えられている神様の存在「内神様」と神様の大元であるとされる「外神様(あめのみなかぬしさま)」は、電話の親機と子機のような関係性にあるとされています。自分の内側にいる内神様(子機)を通じて宇宙の中心であるとされる外神様(親機) と通じているのです。「あめのみなかぬし様、お助けいただきましてありがとうございます」と唱えることで、私たちの内側にいる内神様が宇宙の中心であるあめのみなかぬし様に伝えてくれると言う関係なのです。

 

次のページへ >

-スピリチュアル, パワースポット, 神社, 縁起が良い, 言い伝え, 開運術