スピリチュアル 縁起が良い 言い伝え 開運術

幸運を呼ぶ植物って本当?!雷神の花と言われる「アガベ」の効果と育て方

幸運の花と言う花があるのをご存知でしょうか?神の花と言うのは「アガベ」と言う花のことで、別名「雷神の花」と言われています。何となく聞いたことがあると言う人も、全く聞いたことがないと言う人もいると思いますが、幸運の花と言う位なので、運気アップにひと役買ってくれる存在です。今回は幸運の花とも呼ばれる「雷神の花」、アガベについてお伝えしていきます。

 

1.雷神の花とは?

雷神の花とはアガベと言われる多肉植物のことをいいます。アガベが雷神の花や神の花と言われるのはアガベの花がとても希少で、10年に1度だけ咲くと言われているからです。10年に1度しか咲かないと言う事ももちろんですが、つぼみが上に上に長く伸び、その先に黄色い花をつけることから花を咲かせたアガベを見た人は幸せになれると言われています。アガベは花が咲くと子孫を残して枯れていってしまいます。稀にしか見ることができないと言うことや長く伸びた先に黄色い花をつけると言うことが雷神の花と言われる所以といえます。

 

2.雷神の花「アガベ」とは?

次に雷神の花と呼ばれるアガベをもう少し詳しくお伝えしていきます。

 

2-1.育てやすい多肉植物

アガベは日本名では竜舌蘭(りゅうぜつらん)と言われる多肉植物で、蘭と名前がついてはいますが蘭の仲間ではなく日本でも人気の高い多肉植物です。ここ数年多肉植物は人気が高く園芸店やインテリアショップ、花屋さんなどでよく販売されていますが、アガベも育てやすく人気の高い多肉植物といえます。

 

2-2.暑さ寒さに強い

アガベは原産国がメキシコないので乾燥地帯にあったものが多く、暑さにも寒さにも強く育てやすいと言われています。多肉植物は肉厚な茎や葉に水分を蓄えているので乾燥に強く、気温の差にも強いので他の植物に比べ気温変化の影響を受けにくいのが特徴です。見た目は赤黒いギザギザがロゼット状に広がるのが特徴的で、古くから人気の高い植物です。

 

2-3.種類が豊富

アガベは改良によって生まれた品種がいくつかありますが種類や変異種が多く細かく分類すると300種類以上にもなると言われています。ロゼット状と言う地面から直に生えていることが特徴で、見た目や色合いも豊富に存在しています。雷神の端と言われるアガベですが、他にも「アメリカーナ」や「ドラゴントゥース」「鳳凰」などの名が付いているものも多くあります。

 

次のページへ >

-スピリチュアル, 縁起が良い, 言い伝え, 開運術