スピリチュアル

本当にできるの?!過去に戻る方法とは?タイムリープする方法はこれ!

誰もが人生の中で一度は「あの時こうしておけばよかった」「あの時もう一つの選択肢を選んでいたら...」と後悔することがあると思います。もしも過去に戻れる方法があるのならその時に戻ってやり直したいと思いますよね?「タイムリープ」と言う言葉をご存知でしょうか?実は過去に戻れる方法が存在するのです。今回は過去に戻れる方法や注意点についてお伝えしていきます。

 

1.過去には本当に戻れるのか?

現在を生きている私たちにとっては過去があるから今があると言うように、たとえ後悔していることであったとしても過去はとても大切です。しかし、あの時こうしていれば今が変わっていたかもしれないと思うことがあると思います。そんな時軸を超えることや過去に戻ることなんて無理と思うかもしれません。しかし時間軸を利用して瞬時に移動できてしまうのがタイムリープです。身近な例で言えば時間の過ぎる感覚が驚くほど速く感じたりすることも時間を瞬時に移動して起こっている現象といいます。現実的に考えると理解しにくいかもしれませんが、一瞬で全く違う世界へと飛ぶことができるのです。

 

2.タイムリープとは?

先ほどお伝えしたように生きている世界のみを行き来できるのがタイムリープです。「時間飛躍」と言う意味を持つものなので時間軸を瞬時に移動させる事を「タイムリープ」といいます。そのためこのタイムリープを使うと過去に移動することが叶えられると言うわけです。今現在生きている地点と自分が行きたいと感じている地点を瞬間的につなぐことができるのです。

 

3.過去に戻る方法

次は実際にタイムリープで過去に戻る方法についてお伝えしていきます。今ある意識を持ったまま過去に戻りやり直したいことを叶えることができます。

 

3-1.過去の情景を思い起こす

最初に戻りたいと思う過去の情景を思い起こしていきます。これはまるでその時その場所にいるかのように鮮明に思い出すところがポイントです。自分でも現代にいるのかその時の状況に戻っているのかわからないと思う位リアルに思い描くことで、その時の状況に行くことができます。タイムリープはどのタイミングで起こるのか見当がつかないので、変えたい過去がある時やタイムリープを望んでいるときはできるだけ早くすぐにでも始めていくのがポイントです。

 

3-2.その時の感情を思い起こす

過去の状況を思い起こし、その時の情景をリアルに思い描いたら、その時の自分がどんな気持ちを抱いているのかを思い描きます。あの時こちらの選択をしていたら未来はこうなっていたかもしれない、あの時こっちを選んでしまったけれども本当はこっちの方が良かったと言うことを思い起こし悲しい気持ち、嬉しい気持ち、幸せな気持ち、などその時に自分がどんな感情だったかと言うことを鮮明に思い浮かべ情景と感情をリンクさせていきます。

 

3-3.毎日就寝前に行う

この過去に戻りたい情景を思い出し、その時の感情を思い起こしてていくことで、潜在意識の中で自分の中に刷り込まれていきタイムリープすることができます。就寝前は無意識に1番近い状態となるので、いろいろなことを考えてしまいますが、意識的に無意識の状態を作り出すことで記憶や今の意識を失うことがなく過去に戻ることが可能です。

 

3-4.戻りたい記憶が曖昧な場合は?

先ほどタイムリープをしたいときには戻りたい状況をリアルに思い浮かべるとお伝えしましたが、その時の記憶が曖昧であまり覚えてない場合もあります。するとリアルな情景を想い描くことやその時の感情を思い出すことが困難になってしまいます。きちんと覚えていないけれどもその時に戻りたいと思っている人は、思い出せる範囲で大丈夫です。過去に戻りたいと言う気持ちを強く持つ原因となった記憶をイメージし曖昧な記憶のところは無理に思い出せないようにしておきます。強くイメージすることで過去の記憶が整理されタイムリープが可能になります。

 

次のページへ >

-スピリチュアル