縁起の良い会社名とは?会社名の付け方のルールやおすすめの画数や漢字はこれ!

占いちゃんは考えた
プロ占い師
「占いちゃんは考えた」は占いで暮らしを豊かにすることを目指すWEBメディアです。

占いを通して、読者の皆様の生活が楽しくなるキッカケをお届けしたいと運営しています。真摯に読者さんと向き合って、楽しくなる占い情報をお届けしていきます。

また、占いは人の悩みを解消の糸口になりますが、相談者の心の弱みにつけこんだ悪質な占いもあります。鑑定料と称し高額な金額を請求する占い師もいます。そういった被害が起きないようにも「占いの正しい付き合い方」、「占い前に準備すること」、「占いって当たるの?」といった記事も書いていますのでぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

私たちが生まれる大昔から占いは人々の生活を送る上での知恵となってきました。占いによって人生を好転した方も沢山いらっしゃいます。「占いちゃんは考えた」では面白い・楽しい占い情報をお届けしながら、読者皆様の人生が少しでも開運する手助けができたらなと思い運営しています。

ぜひ記事を読んでいただけたら嬉しいです。
LINEも始めました!
LINEお友達追加であなたの本質的な性格を無料で占います。
LINE限定の特別企画も行っていますのでぜひお友達登録いかがでしょうか?

友だち追加


会社の名前は、これから起業する人にとってはこれからの会社の運命を左右するためとても重要です。どうせなら縁起の良い漢字や縁起の良い名前にして会社の運気をアップしたいものです。これからの基盤となる大事な名称なので縁起の良い漢字や縁起の良い名前で良い社名にしたいという人が多いと思います。そこで今回は、縁起の良い会社名にするためのルールや、おすすめの漢字についてお伝えしていきます。

 

目次

1.会社名の決め方

これから起業する、会社名を決める、と言う時には基本的なルールがあります。最初に会社名を決めるときのルールからお伝えしていきます。会社名を考える時には最低限のルールやマナーは覚えておきましょう。

 

1-1.会社名に使用できる文字

まず最初に会社名の決め方で知っておきたいのは会社名として使用可能な文字があると言うことです。法律上の規制があるので、覚えておきましょう。

 

1-1-1.使用可能な文字

会社名を考えるときに実際に使用できる文字は、漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字(大文字・小文字)、アラビア数字の5種類です。

 

1-1-2.使える記号は6種類のみ

会社名に使用できる機能はこの6種類のみとなっています。

 

&(アンパサンド)

‘(アポストロフィー)

,(コンマ)

-(ハイフン)

.(ピリオド)

・(中点)

 

&(アンパサンド)以下の記号は文字の区切りなどにのみ使用可能です。先頭や最後に使用することはできません。ぱっと見た印象で会社名が認識できるかどうかと言うところが大切です。

 

1-1-3.株式会社、合同会社が必要

株式会社や合同会社の場合は社名の前後に名称を入れると言うルールになっています。株式会社の場合は株式会社と言う文字を最初につけるか最後につけるかで前株・後株と呼ばれています。

 

1-2.住所と会社名

同じ住所に同じ会社名は2つ使用できないと言うルールになっています。以前は同じ市町村区内に同じ会社名の登記は不可となっていました。しかしこのルールでは同じ市町村区と言うだけで定義が曖昧と言うところから、全く同じ住所で同一の会社名はできないということに変更されました。住所の最後にビル名を入れる場合は2階と3階で同一住所ではないので同じ会社名の登録が認められます。

 

1-3.会社名には使えないフレーズもある

第三者から見て、似ている組織や会社と見間違える場合や紛らわしい名称は避けることになっています。行政官庁や部門を表す名前はNGとされています。

 

1-4.似ている名前や同じ名前はできるだけ避ける

先ほど住所と会社名のところで、同じ住所で同じ会社名は不可と言うことをお伝えしましたが、同じ住所でなければ同じ会社名をつける事は可能です。しかし同じ会社名で営業することで「不当競争防止法」により訴えられる可能性もあるので気をつけましょう。似たような事業形態で似たような会社名の場合なおさら認識しづらく間違えやすいので避けるようにしましょう。

 

1-5.犯罪や法律違反になりそうな名前はだめ

会社名は公序良俗に反するものは使えない決まりになっています。社会的に問題がありそうな名前や、人権の損害や自由健全の損害にあたるものは避けましょう。

 

2.縁起の良い会社名の決め方

次に縁起の良い会社名を決めたいときにおすすめの決め方をお伝えしていきます。響きや漢字、意味などを考えて決めていきましょう。

 

2-1.縁起の良い漢字を使う

日本の会社では漢字を社名に入れるのはとてもおすすめです。特に縁起の良い漢字を使うのはオススメで、漢字は本来、物事や事柄を絵で表したものが基本となっています。そのため縁起が良い由来がある漢字を使うことで運気がアップします。オススメな漢字とその意味をご紹介します。

 

〈おすすめの漢字と意味〉

将 すすむ

優 すぐれる

聖 きよめる

輝 ひかる

大 りっぱ

 

2-2.呼び方や響きを大切にする

目で見て縁起がいい漢字だとしても、読み方が読みにくかったり響きが悪い場合、会社名としてはおすすめできません。会社の名前が長ければいいというわけではなく、短かければいいというわけでもありません。読み易い名前や呼びやすい名前、良い響きの名前だと親しみやすくおすすめです。

 

2-3.画数が縁起が良い会社名にする

次に姓名判断などでよく大切にされる画数を縁起の良い画数にするのもおすすめです。漢字の画数や新しい会社名の画数にこだわることで運気もアップする可能性があります。次は縁起の良い画数をご紹介します。

 

〈大吉・吉・中吉の画数〉

〈大吉〉

1.3.5.6.15.16.21.23.24.31.41.45.48.63.65.67

〈吉〉

7.8.11.13.17.18.25.29.32.33.37.39.47.52.57.68.73

〈中吉〉

26.35.38.42.51.53.55.58.61.71.75.77.78

 

3.縁起の良い会社名にするメリット

個人事業主として活動する場合や、新しく会社を設立するときに、縁起の良い会社名にすることにはメリットがたくさんあります。今後の社運の向上はもちろんですし、縁起の良い会社名にすることでメリットがたくさんあります。

 

3-1.社名がセールストークや名刺がわりになる

会社名は名刺に必ず記載されますし、名刺を交換したときに会社名の由来を話す場合もあります。社名の由来にインパクトがある場合、相手の印象に残り取引がうまくいく可能性も高まります。名刺を交換しただけでは誰がどこの会社の誰だったかと言うことを忘れてしまうこともありますが、社名やその社名の由来で商談がスムーズに運ぶ可能性も高まります。相手の印象に残る会社名や社名の由来にすることもポイントです。

 

3-2.読みやすく呼びやすいと親しみやすい

ひらがなやカタカナの会社名の場合は読みやすいですし、間違うこともそれほどありません。しかし英単語の表記や難しい漢字では、読みにくく何と読むかわからないお店や会社もあります。よく行くお店などは、目で見たら名前がわかるけれども読めない場合や、なんと呼んでいいかわからないと言う場合も出てきます。◯◯さんや◯◯様と呼びやすい、親しんでもらいやすい名前にする事は分かりやすくておすすめです。

 

3-3.海外にもウケが良いと海外事業も可能

日本で事業をする場合やお店を構える場合は漢字やひらがなも良いですが、将来的に海外での展開も視野に入れている場合は海外でもウケが良い会社名にすることもおすすめです。同じ名前や単語でも海外に行くことで全く違う意味になってしまったり、日本では縁起が良い名前でも海外では不吉な名前だったり、良くない名前になってしまう可能性もあります。日本でも縁起が良く、海外でもウケが良い会社名にすると将来的にはグローバルに活躍できる会社になる可能性もあります。

 

4.まとめ

今回は縁起の良い会社名についてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?日本では縁起の良い漢字や縁起の良い画数を大切にしますが、海外に目を向けている場合は英単語などの縁起の良いものを使っても良いかもしれません。これから事業を始める人、会社を設立する人、起業する人は縁起が良く運気がアップする会社名を考えたいですね。読みやすく呼びやすい社名は相手の印象にも残り、今後の活躍が期待できる会社になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次