スピリチュアル パワースポット 神社

八坂神社は最強の神社!八坂神社のスピリチュアルな効果やご利益とは?

京都の「八坂神社」本殿のご利益をご存知でしょうか?全国に神社が数多く存在しますが、この八坂神社は龍が住んでいると言われ、竜宮城につながる、竜神が入る、など様々な伝説がある神社なのです。京都に行ったときにはぜひ訪れたい神社ですね。京都のみならず八坂神社は全国にありますが、今回はその八坂神社にはどんなご利益があるのかについてお伝えしていきます。

 

1.八坂神社とは?

八坂神社は京都では「祇園さん」と言う愛称で親しまれている厄除けの神様です。京都では「最強の厄除けパワースポット」と言われるほどパワーが強く、祇園祭は1000年以上続いている由緒正しい、ご利益がたくさんある神社です。八坂神社ができたのは平安京よりもさらに古いとされていて、多くの歴史や伝説を残しています。数多くの不思議な伝説が伝わっていて、本殿の下にある大きな池や力水などには様々な伝説があります。また八坂神社は全国の祇園社の総本社とも言われ、全国にある八坂神社や素戔嗚尊を祀る約2300の神社の総本社とも言われています。

 

2.八坂神社の歴史

八坂神社は飛鳥時代(539年〜694年頃)に斉明天皇2年、高麗の使節・伊利之(いりし)が新羅国の牛頭山に座したスサノオノミコトを八坂の地に奉斎したことが始まりと伝えられています。平安時代に災いが多発した時、災いの元凶とされる悪い魂を沈めるために八坂神社が神輿を送り大成功を収めたのが始まりと言われています。その後、元慶元年(877年頃)疫病が流行し、疫病が流行ったときに祈りが捧げられ疫病が止んだと言うことでそこから信仰心が一気に高まったと言われています。

 

3.八坂神社のパワーススポット

八坂神社は本殿を取り囲むように、大小様々な20社近いお社があります。特に人気が高い、行ったら必ずお参りしたいと言うスポットからご紹介していきます。

 

3-1.本殿

八坂神社にはたくさんの伝説がありますが、まずはなんといっても本殿は一番最初にお参りしたいところです。次にご紹介しますが本殿の下には「龍穴」があると言われ、青龍が住みご利益があると伝えられています。青龍とは東西南北を司る四神のうちの1つで東の方角を守る龍です。東の方角は太陽が登る方角なので、物事の始まりを意味し、誕生や始まりなど気の生まれる最初となるパワーを表しています。本殿の下で西を向いて強く柏木を打つと、ここだけ大きく反響して聞こえるとも言われ、「龍声」と呼ばれる龍の木彫りが鳴くとも言われています。本殿の前では1年通して様々な催しが行われています。

 

3-2.八坂神社の龍穴

八坂神社の本殿の下には大きな池があり、その池には龍が住んでいると言う伝説があります。大地のエネルギーを竜神に見立てて、その龍のエネルギーが集まる場所が「龍穴」と言われ、そこは竜宮城につながるとも言われています。その上に八坂神社の本殿が建てられたとされているので、強力なエネルギーの上に立っている神社なのです。

 

3-3.八坂神社の力水

八坂神社の本殿がパワースポットであると言うのをお伝えしましたが、本殿に参拝した後に必ず訪れたいスポットは「力水」です。「祇園の御神水」と言われていて本殿の下流から湧き出している水です。この水は通称「力水」と言われ、青龍のパワーを体内に取り込むことができると言われるパワーを感じる水です。このパワーが強い水をいただくことで強いエネルギーを取り込むことができます。

 

次のページへ >

-スピリチュアル, パワースポット, 神社