言い伝え 開運術

「大寒」の日に食べ物で縁起担ぎ!大寒におすすめの食べ物とおすすめの食べ方!

カレンダーに「大寒」と言う言葉が書いてあるのを見たことがあるでしょうか?その字からすごく寒い日であろうと言うことが想像がつきますが、普段あまり気に留めずに過ごしているのではないでしょうか?四季や節目を大切にする日本人は、1年を通して様々な節目の日があります。今回はその中でも冬の節目を表す「大寒」に食べると縁起が良いとされる食べ物をお伝えしていきます。

 

1.大寒とは?

最初に「大寒」の意味をお伝えしていきます。「大寒」とは季節を表す言葉の1つで、1年の中にある二十四節気(にじゅうよんせつき)を表す1つです。「大寒」は二十四節気の24番目、最後の節目の日のことです。二十四節生とは暦の節目と四季のズレを解消させるために四季を6分割にして設定されていると言われています。「大寒」は冬の季節の中で最も寒い日のことを指します。毎年大体1月20日前後とされていて、カレンダーには毎年その日が記載されています。夏の19番暑い日のことを「大暑」と言いますがその反対で寒い日のことを指します。

 

1-1.小寒との違い

二十四節生の中には「大寒」の他にも「小寒」の日があり「小寒」が来て「大寒」、次が「立春」となります。大寒や小寒と言うよりは「寒の入り」「寒の明け」と言う言葉の方が日常生活には馴染んでいると思います。「寒の内」と言う言葉もありますが、「小寒」は「寒の内」に入ります。寒い季節がやってきたなと思ったら1月に「大寒」と言う1年の中で最も寒い日が来て、それを超えて寒が明けて立春を迎えると言うことになります。

 

1-2.大寒の七十二候とは?

「大寒」は1月20日前後のことで、1年の中で1番寒くなる日のことを表します。そして1月の終わり頃は厳しい寒さが少しずつ和らいで春を迎える準備をする季節でもあります。日本は季節や節目を大切にするので先ほどお伝えした二十四節気の中に3つの期間に分けられた七十二候と言うものがあります。大寒の中にさらに3つの節目が存在することになります。

 

2.大寒の食べ物「大寒卵」とは

暑い時や寒い時にはその季節に合った食べ物を食べるのが縁起が良いとされています。春夏秋冬、四季に合わせておすすめの食べ物があるのですが、この大寒に食べることがおすすめの縁起が良い食べ物は「大寒卵」と言われる卵です。卵は季節や旬を問わず1年通してどの家庭にも必ずと言っていいほど冷蔵庫には常備してある食材だと思います。しかし鶏は寒いときにはあまり卵を生まないと言われていて、1年のうち1番寒いとされる大寒に生まれる卵は大変貴重だと言われているのです。そしてその大変貴重だと言われている大寒卵を食べると縁起がよく、運気がアップすると言われています。

 

次のページへ >

-言い伝え, 開運術