パワースポット 神社

宮崎神宮ってどんな神社なの?ご利益やおすすめスポットを大紹介!~恋愛成就・希望の方は要チェック~

1年間に1,000回のお祭りが開催される「宮崎神宮(みやざきじんぐう)」。

広い敷地と荘厳な社殿を見て、格式高い神社だと感じる方が多いです。

 

当記事では、そんな宮崎神宮の詳細情報を徹底解説します!

  • 住所・開門時間・アクセス方法や公式WEBサイト
  • 参拝のご利益と主祭神
  • 歴史や由緒
  • 境内のおすすめスポット
  • 宮崎神宮の参拝をおすすめしたい方の特徴

 

これから宮崎神宮に参拝される方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは宮崎神宮の住所・開門時間・アクセス方法・公式WEBサイトなど基本情報をチェック!

宮崎神宮は、宮崎県宮崎市神宮に鎮座しています。

宮崎神宮の名称がそのまま住所に反映されているので暗記している参拝者もいるのだとか。

 

場所は、県道333号と県道44号がちょうど交わるあたりで最寄駅はJR宮崎神宮駅西口です。

自動車だと3分ほど、徒歩だと6分ほどで到着できる距離にあります。

宮崎神宮駅からかなり近3068い場所にあるため、公共交通機関による経由はできないので歩きたくない方はタクシーを利用してください。

 

宮崎神宮駅には、東口に競馬で有名なJRA宮崎育成牧場、宮崎神宮から歩いて2分ほどの距離にある宮崎県立美術館、宮崎神宮の北側には広大な敷地でのびのびと過ごせる平和台公園など観光スポットがあります。

 

また、宮崎神宮駅付近には宿泊可能なビジネスホテルもあるので、参拝ついでに観光するのもおすすめです。

神社名称と読み方 宮崎神宮(みやざきじんぐう)
開門時間 冬は6:00~17:30

夏は18:30まで開門

※上記時間は様々な状況などにより変更になる可能性があるので、参拝前に確認しておくことをおすすめします。

住所 宮崎県宮崎市神宮2丁目4-1
公式WEBサイト こちら

 

どんなことに効果があるの?宮崎神宮の主祭神とそのご利益

宮崎神宮には、下記の神様3柱が祀られています。

  • 神武天皇(じんむてんのう)
  • 鵜鷀草葺不合尊(うがやふきあえず)
  • 玉依姫命(たまよりいのひめのみこと)

 

上記3柱のご利益について見ていきましょう。

 

神様のお名前 ご利益
神武天皇 開運招福、延命長寿
鵜鷀草葺不合尊 夫婦和合、夫婦円満、安産守護・子授けなど子宝運上昇、開運招福、農業守護、延命長寿、運動運上昇など
玉依姫命 災難厄除け、商売繁盛、殖産興業、縁結び、子宝運上昇、農業・漁業守護、悪病退散など

 

このなかで主祭神として祀られているのは「神武天皇」です。

神武天皇は、天皇に即位している時代において様々な困難を乗り越えてこられました。

困難にびくともせず、前に進む姿から「開運を呼ぶ」「良いことがやってくる」ご利益があると言い伝えられています。

前進する力も添えてくれるため、ここぞという勝負やチャンスを逃したくない方は参拝するといいかも。

 

また、神武天皇は神々をまとめ、さらに日本国を作り出した方としても知られているように新しい物事を始める方に対しては追い風を吹かせてくれることも。

 

神武天皇のお力と鵜鷀草葺不合尊および玉依姫命のご利益をまとめると、

  1. 子宝運上昇
  2. 恋愛運上昇・縁結び
  3. 家庭運上昇
  4. 農業・漁業分野の守護・進展
  5. 悪縁や悪い運気を切って良縁や良い運気を導く
  6. 悪病厄除け・延命長寿から健康運上昇

このようなご利益があるといえます。

 

特に厄除けのご利益があることから、最近失敗続きだとかあまり良いことが続いていない方であれば、悪い運気をそぎ落としてくれます。

 

1つでも叶えたい願いにあてはまるご利益があるなら、この機会に宮崎神宮へ参拝されることをおすすめします。

次のページへ >

-パワースポット, 神社