鹿児島県の霧島神宮ってどんな神社なの?ご利益やおすすめスポットを大紹介!~叶えたい願望がある方は必見です!~

占いちゃんは考えた
プロ占い師
「占いちゃんは考えた」は占いで暮らしを豊かにすることを目指すWEBメディアです。

占いを通して、読者の皆様の生活が楽しくなるキッカケをお届けしたいと運営しています。真摯に読者さんと向き合って、楽しくなる占い情報をお届けしていきます。

また、占いは人の悩みを解消の糸口になりますが、相談者の心の弱みにつけこんだ悪質な占いもあります。鑑定料と称し高額な金額を請求する占い師もいます。そういった被害が起きないようにも「占いの正しい付き合い方」、「占い前に準備すること」、「占いって当たるの?」といった記事も書いていますのでぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

私たちが生まれる大昔から占いは人々の生活を送る上での知恵となってきました。占いによって人生を好転した方も沢山いらっしゃいます。「占いちゃんは考えた」では面白い・楽しい占い情報をお届けしながら、読者皆様の人生が少しでも開運する手助けができたらなと思い運営しています。

ぜひ記事を読んでいただけたら嬉しいです。
LINEも始めました!
LINEお友達追加であなたの本質的な性格を無料で占います。
LINE限定の特別企画も行っていますのでぜひお友達登録いかがでしょうか?

友だち追加


鹿児島県霧島市に荘厳な雰囲気でたたずむ「霧島神宮」。

鹿児島県に訪れたらぜひ足を運びたい観光スポットですが、「霧島神宮にはどのようなご利益があるの?」とご利益を気にしている方もいるのでは?

 

そこで、当記事では鹿児島県にある霧島神宮について詳しくご紹介します!

霧島神宮の立地・ご利益・歴史や由緒、さらに境内および近場のおすすめスポットなどをお伝えしているので、これから参拝される方はぜひ参考にしてください。

目次

霧島神宮があるのは霧島市

 

霧島神宮の神社は「鹿児島県霧島市霧島田口2608−5」です。

最寄り駅はJR霧島温泉駅ですが、徒歩で行くにはかなり距離があるので注意!

自動車では県道50号と国道223号を通ると30分程度、公共交通機関だと霧島温泉駅のバスに乗ることで3時間程度で到着します。

公共交通バスだと遠回りルートになってしまうので、できればタクシーや自家用車で行くのがおすすめです。

 

霧島川の東側に位置して新緑の森林に囲まれた場所にあるため、願いを祈りに行くためだけでなくストレス発散にもなります。

近くには高千穂牧場や道の駅霧島神話の里公園があるので、観光ついでに気軽に参拝できる神社です。

 

森林の中にあるため、できれば歩きやすい靴で足を運ばれるといいでしょう。

気になる霧島神宮のご利益

 

霧島神宮は、五穀豊穣・開運招福・子宝運アップ・商売繁盛・願望成就・恋愛成就などの御利益があります。

こちらの神社には「瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)」という天照大照神(あまてらすおおみかみ)の子供が祀られています。

また、瓊瓊杵尊の子供や孫も同じように祀られているのだとか。

そのため、子授け運や安産成就のほか、夫婦運・家族運のアップにも期待大です。

 

あらゆる願いを叶えてくれる神社なので、上記のご利益にあてはまらない願いがあっても一度参拝して神様に伝えてみるといいでしょう。

考えている願いのアプローチとは違う角度から願いを叶えてくださいます。

 

霧島神宮の歴史や由緒

霧島神宮は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)のご神言によって建立されたのが始まりです。

建立されたのが霊峰である高千穂峰でしたが、本殿が建立されたのが噴火口の近くだったのが災いし、最初の本殿は噴火の被害にあいました。

 

その後、性空上人(しょうくうしょうにん)によって現在の場所の高千穂高原に再建され、現在にも続いています。

しかし、再建から現在の間にも何回か噴火の被害に合っていますが、現在の本殿の様子は建立時より変わらずに維持されているのは主祭神に守られているからでしょう。

 

平成元年になると、日本の国の重要文化財に指定されています。

 

霧島神宮のおすすめスポット

 

霧島神宮には、境内にも近隣エリアにもおすすめスポットがあります。

 

ここでは、霧島神宮に行くならぜひ立ち寄ってほしいスポットをご紹介するので、気になる場所があればぜひ足を運んでみてください!

 

地元の方で「知ってるけど行ったことがない」ところもあるでしょう。

しかし、これを機会にして一度は行ってみてくださいね♪

なにか新しい発見に出会えるかも…!

 

⓵色とりどりの本殿の壁画

 

霧島神宮の本殿には、カラフルな色合いの壁画が描かれています。

参拝する際に、必ず本殿は視界に入り、その瞬間から心の中に太陽がともされたような明るい気持ちにさせてくれます。

 

また、本殿の柱には立派な龍が彫られているのでチェックしたいところ。

古くから龍は神様の使いだと信じられてきた生物です。

そのため、願いを伝える前にぜひ柱にもちょっぴりお願いごとを伝えておくといいでしょう。

⓶眺めが美しい展望所

 

霧島神宮の境内には、霧島高原が見渡せる展望所があります。

境内したにある森も一斉に見えるので、新緑に心癒されるスポットです。

 

とはいえ、霧島高原がしっかり見えるのはマレなのだとか。

晴天の日に参拝される際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

③西日本イチの高さをほこる大鳥居

 

霧島神宮には、本殿エリアに入る前に大きな鳥居があります。

こちらは、西日本では1番の高さである22.4mの大鳥居です。

以前は朱色塗装が取れていましたが、新たに修繕工事が行なわれ現在は美しい朱色が維持されています。

本殿に入る前には、ぜひ上を見上げて大鳥居をご覧になってください。

 

④霧島市のお土産も手に入る休憩所

 

霧島神宮境内には、霧島市内や鹿児島県内のお土産や特産品が購入できる休憩所があります。

境内は面積も広いので参拝や観察をしているだけで疲れてしまうことも。

そんなときに座ったり、お茶したりできるスペースも用意されています。

 

休憩がてら名産品に出会えるので、疲れていなくても立ち寄ることをおすすめします!

 

⑤自然と動物に触れ合える高千穂牧場

 

高千穂牧場は、鹿児島県の隣に位置する宮崎県の牧場です。

入場料は無料で、牧場の見学や体験のほか、動物たちと触れ合えるので大人はもちろんお子様にも人気のスポットです。

 

動物ふれあいランドでは、ふわふわの毛が魅力的な羊たちとたわむれるのでぜひ遊んでみてください♡

可愛くけなげな羊たちに元気をもらえること間違いなしです!

 

また、高千穂牧場で人気のソフトクリームや牛乳などを手に入れるのも忘れずに。

遊んで食べて楽しめるスポットです。

 

名称 高千穂牧場(たかちほぼくじょう)
住所 宮崎県都城市吉之元町5265番地103
営業時間 4月〜10月→9:00~17:30

11月〜3月→9:00~17:00

※上記のほか、季節や状況によって異なることがあるので来訪する前に公式WEBサイトなどを確認してください。

公式WEBサイト こちら

 

⑥道の駅 霧島神話の里公園

道の駅 霧島神話の里公園は、「遊ぶ」「見る」「食べる」「買う」の4つのコンセプトがある道の駅です。

遊べるエリアとしては、下記の遊具・施設などが用意されています。

  • パターゴルフ
  • ちびっこ広場
  • モーターカート
  • ロードトレーン・ポッポ号
  • どんぐりの森
  • ポッカール

そのほか、霧島の山々が見られる展望エリアやヤギと触れ合える「見る」体験も可能です。

 

さらに霧島神話の里公園のレストランでは、霧島黒豚を使ったとんかつ定食やしゃぶ鍋定食も用意されていていろいろな体験ができる道の駅です。

 

名称 道の駅 霧島神話の里公園
住所 鹿児島県霧島市霧島田口2583-22
営業時間 9:00~17:00

※季節などによって上記時間が異なることがあるので来訪前に必ず公式WEBサイトなどで確認してください。

公式WEBサイト こちら

 

霧島神宮をおすすめしたい人

霧島神宮は開運招福のご利益があるので、どんな願いを持っている方にもおすすめです。

特に下記の条件にあてはまる方は、機会があれば参拝してみるといいでしょう。

 

  • なんとなく霧島神宮が気になっている
  • 仕事運や起業運をあげたい
  • 恋愛運をあげたい・恋人が欲しい
  • 家族運をあげたい・子供が欲しい
  • 農業を守っていきたい
  • 夢に霧島神宮のような神社が出てきた

 

また、霧島神宮は鹿児島県内でも有名な観光名所でもあるので、鹿児島県を刊行される方にもぜひ足を運んでいただきたい場所です。

3月下旬には桜の見ごろを迎え、11月下旬には紅葉の見ごろになるのであわせて行くのもおすすめ!

 

霧島神宮の境内は広く、半日かけてゆっくり刊行される方もいますよ♪

霧島神宮に行くなら詳細情報もチェック!

 

ここでは、霧島神宮の開門時間や住所および公式WEBサイトをご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください♡

 

神社名称と読み方 霧島神社(きりしまじんぐう)
開門時間 8:00~17:00

※季節によって開門時間は異なる可能性があるので参拝前に確認してください。

住所 鹿児島県霧島市霧島田口2608−5
公式WEBサイト こちら

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次