PR スピリチュアル

鏡が割れたら縁起が悪い?!不吉なことが起こる前兆?!割れた鏡のスピリチュアルな意味や捨て方とは?

鏡が割れたら縁起が悪い?!不吉なことが起こる前兆?!割れた鏡のスピリチュアルな意味や捨て方とは?

鏡が割れると不吉だということを聞いたことがあるでしょうか?鏡は自分のことを見る時には大切ですが、自分の姿を映し出すということは、自分自身の現状を写すので、それだけ大切な役割を果たしています。そのため割れた鏡を使い続けると不吉だと言われます。しかし、鏡が割れるということは良い意味も含まれていると言われています。今回は鏡が割れることの意味や、鏡が割れることのメッセージ、捨て方などをお伝えしていきます。



1.鏡が割れる時の意味とは?

自分を映し出す鏡が割れてしまうということは、やはりあまりいい気持ちはしませんよね。ガラスなので落とせば割れてしまうこともありますが、鏡が割れるというのは何を意味しているのでしょうか?最初に 鏡が割れる意味についてお伝えしていきます。

1-1.鏡が割れる理由①不吉なことが起こる前兆

古くから鏡は自分の姿を映し出すという意味で、とても神聖な物として扱われてきました。古くから薙刀などと一緒に神棚に祀られ、天皇家で代々受け継がれている三枝の神器の一つにも鏡があります。この理由は鏡は不吉なことや悪いことを跳ね返すという意味があるからです。悪いことを跳ね返す役割の鏡が割れてしまうということは、身の回りに悪いことが起きる前兆と言います。これは日本だけではなくアメリカでも昔から言い伝えられていて、アメリカでは「鏡が割れると不幸が7年続く」と言われているくらい、不吉な事や悪い事が起こる前触れと考えられています。

1-2.鏡が割れる理由②自分の身代わりになってくれた

先ほどからお伝えしているように鏡は古くからとても神聖なものとして扱われています。自分の姿を映し出す鏡は不思議な力があるとされているからです。そのため自分が使っている鏡が割れたときには、自分に降り注ぐ不幸や災いを受け止めて身代わりになってくれたということです。鏡が割れるのは悪いことが起きる前兆と思われがちですが、実は鏡が災いから身を守ってくれたということでもあります。鏡が割れた状態で使い続けるのは良くないので、身代わりになってくれたことや、不幸や災いから守ってくれたということに対して感謝の気持ちを持ち、新しい鏡にしましょう。

1-3.鏡が割れる理由③運気の変化が訪れている

鏡が割れるということは良くないことだと言われがちですが、スピリチュアルの理由としては、新しい自分に生まれ変わる為の新しい運気が近づいてきているという意味を表しています。スピリチュアル的には鏡が割れるのは良いこととされています。これは鏡には自分の姿が映るので鏡が割れるということは今までの自分よりもステップアップし、新しい自分になっていくということを表しています。変化が訪れるということを意味しているので、今の自分を見直して、幸運を見逃さないようにしましょう。



2.鏡が割れることの良い意味

次は、鏡が割れるスピリチュアル的に良い意味をお伝えしていきます。鏡が割れるのは不吉なイメージがありますが、実は幸運の知らせなのです。

2-1.鏡が割れることの良い意味①邪気を払った

風水やスピリチュアルの意味では、鏡が割れることは幸運の知らせと言われています。これは、鏡が割れる意味のところでお伝えしたように、自分の身に起きるはずの災いを鏡が身代わりになって跳ね除け、邪気を払ってくれたということです。自分に起きるはずの災いを跳ね除けたということになるので鏡が守ってくれたことになります。これは幸運なことだと言われています。

2-2.鏡が割れることの良い意味②自分を労わるサイン

毎日使っている物や、日常生活になくてはならない物が壊れたり割れたりするということは、スピリチュアル的にみると普段よりも意識が薄れていることを表しています。ストレスや疲れが原因で、気が緩んでいたり注意が散漫になってしまっているので自分の体を休めなさいよというサインです。鏡が割れることはこれからくる運気の変化も表しているので特に体や心のコンディションを整えておきなさいというメッセージでもあります。

2-3.鏡が割れることの良い意味③自分自身へのメッセージ

鏡に限らず、物が割れる時は変化の時です。自分も今の現状から自分を変えたいときに起こりやすいです。いつもの生活を意識的に変えてみたり、生活や習慣を整えることを意識してみましょう。自分自身の変化や何かに気づきがある時です。



3.割れた鏡の注意点

鏡が割れてしまう時はスピリチュアルなサインということをお伝えしてきましたが、鏡が割れた時は捨て方にも注意が必要です。次は、割れた鏡の捨て方や注意点をお伝えしていきます。

3-1.割れた鏡の捨て方①白い紙に包んで捨てる

鏡が割れることは不吉なイメージがありますが、捨てるときに白い布や紙に包むと浄化作用があり、邪気を払ってくれると言われています。通常は不燃物として捨てますが、紙や布に包んで捨てると安全です。割れた鏡は邪気を払ってくれたので感謝して捨てるようにしましょう。今まで自分の役に立ってくれたものなので、そのことに対しても感謝の気持ちを忘れないようにしてください。割れた鏡は寝室に置いて置くと特に良くないとされているのですぐに捨てるようにしましょう。

3-2.割れた鏡の捨て方②最後に塩で清める

割れてしまった鏡は邪気を払ってくれています。役割を果たした鏡には塩を振りかけて清めてあげることがおすすめです。鏡が割れることは不吉だと言われますが、邪気を払って、悪いことが起こる身代わりになってくれたことに感謝の気持ちを込めて最後に邪気を清めて処分するようにしましょう。悪い意味でも良い意味でも、最後は感謝の気持ちで気持ちよく処分するようにしましょう。割れた鏡と塩を一緒に袋に入れて捨てるのも効果的です。

3-3.割れた鏡の捨て方③綺麗なものを写す

役目を終えた割れた鏡は、最後に美しいものを写してあげることがおすすめです。今まで役立ってくれたことに感謝の気持ちを込めて、綺麗なものを写すと浄化作用があります。邪気から自分を守ってくれ身代わりになってくれているので、最後に生命のあるお花や観葉植物を写してあげましょう。

4.割れた鏡は使い続けないこと

割れた鏡は不吉と言われていますが、これは割れた鏡を使い続けると顔が歪むと言われているからです。少しでも亀裂が入ってしまった鏡は映ったものが歪んで見えます。自分の顔が映ったときにも自分の顔が歪んで映るので、割れた鏡を使い続けることは自分の顔が歪んでしまうことになるのです。さらに、鏡は魔除けや邪気払いになると信じられているので、割れてしまうとその効果を失ってしまいます。鏡が自分の身代わりになってくれたので役目を終えた鏡は感謝の気持ちを込めて清めてから処分するようにしましょう。また、鏡は災いを跳ね返すので、割れたまま使い続けるということは、跳ね除けて回避できた災いがまた自分の身に降りかかるという事になります。少しのヒビだからといって使い続けないようにしましょう。



5.まとめ

今回は割れた鏡についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?割れた鏡は不吉と言われますが、不吉ではなく災いから身を守ってくれているという事です。そう考えると鏡が割れたことでこれから訪れる幸運が楽しみになりますね。鏡が割れてしまったら、少しの亀裂でも使い続けないようにして、正しい捨て方で捨てるようにしましょう。災いから身を守ってくれた鏡に感謝の気持ちを忘れないように処分すれば、幸運が舞い込んでくることが期待できますよ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター画像

占いちゃんは考えた

「占いちゃんは考えた」は占いで暮らしを豊かにすることを目指すWEBメディアです。 占いを通して、読者の皆様の生活が楽しくなるキッカケをお届けしたいと運営しています。真摯に読者さんと向き合って、楽しくなる占い情報をお届けしていきます。 また、占いは人の悩みを解消の糸口になりますが、相談者の心の弱みにつけこんだ悪質な占いもあります。鑑定料と称し高額な金額を請求する占い師もいます。そういった被害が起きないようにも「占いの正しい付き合い方」、「占い前に準備すること」、「占いって当たるの?」といった記事も書いていますのでぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。 私たちが生まれる大昔から占いは人々の生活を送る上での知恵となってきました。占いによって人生を好転した方も沢山いらっしゃいます。「占いちゃんは考えた」では面白い・楽しい占い情報をお届けしながら、読者皆様の人生が少しでも開運する手助けができたらなと思い運営しています。 ぜひ記事を読んでいただけたら嬉しいです。

-スピリチュアル