生まれつきあるあざは前世からのメッセージ。あざの持つ部位別の意味とは?

身体にいつの間にかあざができていることがありますよね。それが生まれたばかりの赤ちゃんだったら親や家族は少し心配になってしまいます。 しかし、生まれたての赤ちゃんにあざがあるのは珍しいことではなく、よくある話なんです。生まれた時にあざがあるということは、お腹のにいた頃からあったのかな?と思います。生まれたばかりの赤ちゃんにあるあざはスピリチュアルな意味を持っていることがあります。今回は生まれつきあるあざと前世との関わりについてお伝えしていきます。

生まれつきあるあざの意味

最初に生まれつきあるあざがなぜあるのかをお伝えしていきます。生きている間にいつの間にかできたボクロやあざもありますが、生まれた時から自分が知らない間にできたものもあります。

生まれつきあるあざは「バースマーク」

「バースマーク」という言葉をご存知でしょうか?「バースマーク」とは身体のどこかに生まれつきあるあざのことです。自分が知らない時に既にできていたもので、知らない時にできているので、いつからあるのだろうと不思議に思ったことがある人も多いと思います。できる時に痛みがあるわけでもなく生まれたときには既に身体の一部になっています。バースマークはスピリチュアル的には前世と深い繋がりがあることを意味しています。海外ではバースマークは幸運の証とされていて「天使のキスマーク」と言われています。外科手術などで消す事もできますが、前世との繋がりを意味するので、よほどのことがない限りそのままにしておくことをおすすめします。

「バースマーク」が持つ意味とは?

次にバースマークが持つ意味をお伝えしていきます。前世と深い繋がりがあるとされるバースマークは何かしらのメッセージを伝えて来ています。前世の肉体から現代の肉体へメッセージを伝えるためにあざがつけられると考えられているのでその意味をご紹介していきます。

前世で受けた痛みの記憶・死因

バースマークの意味として一番多く言われるのが「痛みの記憶」です。前世で受けた痛みの記憶の名残と言われています。例えば背中に大怪我をして亡くなった場合、背中にバースマークができることになります。前世で受けた致命傷を今世でも受けないために印が刻まれているということです。

2-2.ソウルメイトと出会う印

バースマークは前世で深い絆で結ばれていた相手と再会するための目印とも言われています。それはソウルメイトの中でも特に絆が深いツインソウルやツインレイと今世でお互いを見つけるために刻まれていると言われています。ツインソウルやツインレイは、自分と同じ場所に生まれつきのあざがあることが多く、その相手と出会ったときは前世から再会を約束していた運命の相手であると言えます。この場合、ツインソウルやツインレイだからという理由で同じ場所にあざがあると言って引き寄せられる分けでは無く、運命の相手と判明してから同じ場所にバースマークを発見することが多いようです。

今世での魂の課題

魂に課題を出されてるとき、バースマークができると言われます。他の人とは違う特別な使命や、多くの人を救う使命を持って生まれて来ている人に多いとされています。バースマークは「天使の存在に気づかせる」という意味も持っています。その天使である存在に気付いてもらえるようにバースマークをつけて生まれてくるのです。多くの人の命を救う天使の存在に気付いてくださいよ、という意味です。人は生まれて来る時にそれぞれ天から与えられた使命があると言われています。この世界で果たす使命を伝えてくれているということです。

部位別のあざの意味

バースマークは生まれつきあるあざですが、できている部位によって意味が変わってきます。ここからは身体のどこの部位にあるあざにどんな意味があるのかをお伝えしていきます。

胸にあるあざ

生まれつき胸にあざがある人は愛情を多く与える人生を送るようにというメッセージを持っています。これは前世であまり愛情を受けられなかったことを意味しています。その分この世界では愛情をたくさん与え、人からも与えられるような人生になるようにというメッセージです。胸にバースマークを持つ人は人から愛されることはもちろん、自分から人に愛情をたくさん与えることを人生の課題として与えられています。

手や腕にあるあざ

手や腕にあるバースマークは前世で腕や手を負傷して、それが致命傷になり命を落としたことを意味しています。もしくは前世で人を苦しめてしまったということを意味しています。そのため、今世では人を傷つけることがないようにバースマークとして刻まれています。自分もまた今世で負傷しないように気をつけて行動し慎重に生きなさいよ、というメッセージでもあります。また、腕や手を使って表現する才能がありますよ、という意味もあるので、隠れた才能が開花すると言うメッセージが込められています。

足にあるあざ

バースマークが足にある人は前世で冒険家だった、行動的だったと言うことを表しています。もしくは、前世で大きな挫折や失敗を味わったことを意味しています。膝からうえにあるあざは大きな誤った決断をしたと言う経験を意味しています。膝は自分の思いどうりにいかない思いをしているという意味で、くるぶしは足のケガに苦しんだ経験を意味しています。今世では前世以上に冒険心を忘れずに行動的に活動的な人生を送るようにと言うメッセージが込められています。また、足を大切にしなさいと言うメッセージでもあるので、冒険心は持っていても大怪我に繋がらないように気をつけなさいよ、と言うメッセージでもあります。

首にあるあざ

首にあるバースマークは前世で孤独な人生を送っていたことを意味しています。変わりもので豊かな才能を持っていた人なので、人間関係がうまくいかず、人に恵まれなかったことを表しています。そのため、今世では豊かな人間関係を築き、たくさんの人と関わりながら才能を発揮して豊かな人生を送りなさいよ、と言うメッセージが込められています。

顔にあるあざ

隠すことができない部位にあざがあるのは誰もが気になってしまうと思いますが、中でも顔は最も気になるところではないでしょうか?顔にあるバースマークは前世で表面的なことや物質的なことだけに囚われていた人生を送っていたことを意味しています。今世では表面的なことや物質的なことだけに囚われずに物事の本質を見極めて豊かな目を持つようにと言うメッセージが込められています。

肩や背中にあるあざ

背中や肩にバースマークがある人は前世で自分らしい生き方ができなかったことを意味しています。周囲の意見や他人からの言葉に押しつぶされてしまい、自分の意見を常に飲み込んでいる生き方をしてきたと言うことです。肩に濃いあざがあるケースは強いコンプレックスがあることを意味しています。自分の意見を飲み込んで他人のために生きる生き方ではなく、自分の人生を自分のために生きる生き方をしなさいよ、というメッセージが込められています。

まとめ

今回は「生まれつきあるあざの意味」についてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?身体にあるあざについて、今まで意識したことがない人も、気になっていたという人も、前世から何かしらのメッセージが送られて来ているということですね。前世でどんな生き方をしてきたのかが大きく関係しています。ご先祖様や前世の自分からのメッセージを受け取って豊かで幸せな今世の自分の人生を送りたいものですね。



占いちゃん

占いちゃん

「占いちゃんは考えた」は占いで暮らしを豊かにすることを目指すWEBメディアです。占いを通して、読者の皆様の生活が楽しくなるキッカケをお届けしたいと運営しています。真摯に読者さんと向き合って、楽しくなる占い情報をお届けしていきます。また、占いは人の悩みを解消の糸口になりますが、相談者の心の弱みにつけこんだ悪質な占いもあります。鑑定料と称し高額な金額を請求する占い師もいます。そういった被害が起きないようにも「占いの正しい付き合い方」、「占い前に準備すること」、「占いって当たるの?」といった記事も書いていますのでぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。私たちが生まれる大昔から占いは人々の生活を送る上での知恵となってきました。占いによって人生を好転した方も沢山いらっしゃいます。「占いちゃんは考えた」では面白い・楽しい占い情報をお届けしながら、読者皆様の人生が少しでも開運する手助けができたらなと思い運営しています。ぜひ記事を読んでいただけたら嬉しいです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。