スピリチュアル 占いコラム

自分を振り返るチャンス!右肩が痛む時のスピリチュアルな意味とは?

自分を振り返るチャンス!右肩が痛む時のスピリチュアルな意味とは?

特に大きな理由が理由があるわけでもないのに、なぜか右肩が痛むということはありませんか?寝違えた?肩こり?何となく不調が続くという事が多いと特に気にも留めずやり過ごしてしまうと思いますが、実は右肩が痛いのはスピリチュアルな意味が隠されているのです。幸運なメッセージか隠されているとしたら、自分に送られてくるメッセージを大切にしたいですよね?今回はそんな右肩が痛い時のスピリチュアルな意味についてお伝えしていきます。

肩が痛い時のスピリチュアルな意味とは?

全般的に肩が重い、肩が痛いという時は、エネルギーが滞っているという意味があります。エネルギーの流れと血液の流れは同じと考えられているので肩の凝りがひどい時や痛むときにはエネルギーが停滞しているときです。何も気にしないで過ごしているとただの過労や肩こりだと思ってしまいますが、エネルギーが停滞している時なので、自分の身体をもっと労わりなさい、エネルギーが不足しているから補いなさい、というメッセージでもあります。自分を犠牲にしすぎていたり、人のために自分のエネルギーを使いすぎている時だと思ってください。肩周辺は首、頭、顔が繋がっているので、進行すると頭痛や他の箇所の不調にも繋がってしまいます。

右肩が痛い時のメッセージとは?

肩が痛いという時にも様々な種類があります。右、左、それぞれに意味があり、送られてくるメッセージの種類も違います。右肩が痛いのか左の肩が痛いのかで意味が大きく変わります。最初に右肩が痛む時のスピリチュアルなメッセージの意味をお伝えしていきます。

右肩が痛いときは自我が出過ぎている時

右肩はスピリチュアルな意味で「自我」を意味しています。特に右肩は左肩にくらべて自分のエネルギーや気力、波長によって痛みが出やすい部分です。自分のエゴが出過ぎている時に痛くなりやすいと言われています。自分を中心に世界が回っている、何でも思い通りにならないと気が済まない、というくらいになってしまっているので、世界と自分の思考にズレが生じて不調をきたしてしまっているサインです。

気の流れやエネルギーが滞ってしまっている時

右肩は自分のエネルギーや気、波長が影響していると言われています。そのため、疲れすぎていたり本来の自分のエネルギーの流れがスムーズに流れていない時に痛くなります。本来、人は宇宙と繋がってエネルギーを循環させている事で、幸せな人生を送るようになっています。それが自分を犠牲にしすぎていたり頑張りすぎて自分のエネルギーが失われすぎている時でもあります。自分で自分に愛情を注げていない時、エネルギーの流れが停滞しやすくなってしまいます。特に理由がないのに右肩が痛む時は、疲れが溜まっていないかな?エネルギーが不足していないかな?元気かな?と自分に問いかけて労ってあげる事が大切です。

自分に必要ないものを背負っている時

精神的に追い詰められている時や不必要なものを背負いすぎている時にも右肩が痛くなる事があります。自分では気づかない無意識のうちに必要のない他人の荷物まで背負ってしまっています。自分を犠牲にしてまで抱えきれない重荷を背負ってしまっています。肩は精神的な疲れが出やすく、エネルギーが影響しやすい部分です。自分で意識していなくても身体だけでなく精神的に心も疲れてしまっています。本当は自分のことだけでも精一杯なのに仕事やプライベートでも断りきれずに頼みを引き受けて負担になってしまっている可能性があります。右肩が痛いときは自分が無理しすぎていないかを振り返るタイミングなのかもしれません。

次のページへ >

-スピリチュアル, 占いコラム