占いコラム 開運術

仏滅の日は悪い日?仏滅にやってはいけないこととは?

仏滅の日は悪い日?仏滅にやってはいけないこととは?

仏滅というと一般的には縁起が悪い日、何ごとも良くない日、というイメージがありますよね?新しいことを始めたり、お祝いごとには向かない日です。現代では昔に比べて大安や仏滅などは気にしないという人も多いですが、やはり縁起が悪いより良いに越したことはありませんし、そもそも仏滅がなぜ縁起が悪いかという理由をよく知らない人も多いのではないでしょうか?今回は仏滅の日はどんな日なのか?ということや、仏滅の日にやってはいけないことについてお伝えしていきますね。

仏滅とは?

まず最初に仏滅とはどんな日のことを指すのでしょうか?仏滅とは「六曜」の一つで、大安、先負、先勝、友引、赤口とともに意味のある日と言われています。なんとなくのイメージでも、仏滅は良くない日というイメージはありますよね。六曜にはそれぞれの意味があり、物事に適している日があるとされています。主に「その日にしてはいけないこと」がありますが、「大安」に関しては「してはいけないこと」がないので一般的に良い日、何をするのも害がない日」とされているからです。大安の反対で一番縁起が悪い日、良くない日とされるのが仏滅ですが、イメージが強いだけで決して悪い日というわけではありません。仏滅の方が向いていることもあります。

仏滅の意味

仏滅は「物が滅する日」「物事が1度終わる日」という意味を持っています。これは、仏事や別れには適している日とされています。必ずしも悪い日というわけではなく終わりを意味しているので、悪縁を切りたい人がいる、終わらせたい事がある、人生をリセットして再スタートを切りたい、という人には適している日とされています。「あらゆるものを終わらせて、物事を始める日」と言う考えかたでは良い日でもありますね。「何事にも害がない日」とされる大安と比べると終わりがあるというのは人によっては良い日と捉えることもできます。確かにお祝い事などには向きませんが、決別したい事や人がいる場合は仏滅を選ぶと良いとされています。中にはこういう意味を持つ日がないといけないと考えられたのかもしれません。別れ、決別を意味しない事柄には向かない日なのでそこに気をつければ問題ないと思っておきましょう。

仏滅の日にやってはいけない事

先程お伝えしたように仏滅は「物が滅する日」です。この日は物事の終わりを意味しているので「終わりにしたいこと」がある場合には向いていますが、終わりにしたい事ではない事には向きません。最初に仏滅の日にやってはいけないことをお伝えしていきます。何か始めたい、行動を起こしたいことがある人は参考にして下さい。

仏滅の日にやってはいけないこと①結婚・入籍

結婚や入籍は仏滅の日には向いていません。やってはいけないということではないのですが、終わりや滅するという意味を持つのが仏滅なので避ける人が多いです。物事に終わりを告げ新たにスタートするという意味もあるので、良い意味で捉えれば必ずしも悪い日というわけではありません。しかし、日本では仏滅イコール大凶日と考えられている傾向が強いので避ける人が多いようです。おめでたいことなので終わりを告げる意味を持つ日は避けたいという考えからですね。

仏滅の日にやってはいけないこと②大きな買い物・納車

物が滅する日とされる仏滅には、大きな買い物や納車はあまりおすすめできない日とされています。仏滅にどんな意味があるのかを良く知らず気にしないという人は日付の希望で納車や買い物でも問題ないですが、やはり少しでも気になる人は例えば事故にあったときに「納車した日が仏滅だったからよくないのかも」とそのせいにしたくなってしまいます。終わりを告げる、滅するとされている日には新しい物を購入する、大きな出費がある、などは避けた方が良いでしょう。もしも納車するのがその日しか都合がつかない場合などは午後なら吉になることもあります。

仏滅の日にやってはいけないこと③お祝いの品を送る

仏滅の日は一般的に縁起が悪い日と捉えられています。気にする人は「滅亡する最悪の日」とも言うほどです。気にしない人もいますが、お祝いの品を送りたい場合に受け取る側の人が仏滅を気にする人の可能性もあります。知らずに送っても受け取った側が「仏滅の日に送ってくるなんて」と気にしてしまうケースもあります。お祝いの送り物は縁起が良い日が良いとされているので、受け取る側も嫌な気持ちが残らない仏滅以外の日を選ぶようにしましょう。祝福する気持ちで送る場合には尚更仏滅は避けて送るようにしましょう。

次のページへ >

-占いコラム, 開運術