スピリチュアル

生理の時に眠いのはなぜ?そこにはスピリチュアルな意味があった!

生理の時に眠いスピリチュアルな意味とは?

女性なら生理の時になぜか眠くなるという経験があるのではないでしょうか?それはホルモンバランスが関係していて、生理の時はなるべくゆっくりとした時間を過ごし、ゆったりできるようになっているんです。女性の身体は宇宙や月と深い関係があります。そのため、実は生理のときに眠くなるのはスピリチュアルな意味が隠されています。今回は生理の時に眠くなるスピリチュアルな意味をお伝えしていきます。

生理のときに眠くなるスピリチュアルな意味とは?

生理の時は人によって生理痛が激しい人もいます。P M Sに悩まされる場合もあり、慌ただしく過ごすよりもなるべくゆっくり過ごしたいものです。生理の時に眠くなったら寝れるときは寝る時間を作った方が良いですが、なかなかそうもいきませんよね。生理のときに眠くなるのはどんな意味があるのでしょうか?最初にそのスピリチュアルな意味をお伝えしていきます。

エネルギーをチャージして蓄える時

生理は女性にとっても人類にとてもとても大切なことです。そのため、エネルギーを蓄えておきなさいよ、というメッセージでもあります。スピリチュアル的な役割としては、気力を失っている元気のない時は行動が消極的になったり何に対してもヤル気が起こりません。必要なエネルギーをチャージして、元気に何事にも挑戦できるように身体が身体の中のコンディションを整えてくれているのです。エネルギーが十分な時はそれほど眠くならないこともありますが、それは補わないといけないほどエネルギーが不足していないからです。眠気が来たらこれはエネルギーをチャージする時だと思ってゆったり過ごしましょう。

子宮や自分の身体を浄化する時

生理は子宮の働きの一つですが、妊娠したら赤ちゃんが過ごす大切な場所でもあります。言い換えれば魂が宿るとても神聖な場所なので、良い状態を保つために子宮を浄化しているともいえます。子宮は女性にとって大切な器官でもあり、神聖で波動が高い場所と言われています。ストレスをかけて悪い気を蓄積しないように清らかにしようとする働きで眠くなっているということです。子宮は波動が高い器官なのでエネルギーも必要としていて疲れやすい場所です。そのためゆっくり過ごして浄化し、良い状態を保つようにしましょう。

イライラを放出する

生理の前後はイライラするという女性は多いと思います。これもホルモンバランスが原因で起こる症状なんですが、生理の時に眠くなるのはそのイライラを放出する意味もあります。イライラしている状態が長引くのは、心も身体も万全のコンディションとは言えません。イライラしている気持ちを鎮め、落ち着いて過ごせるように眠気が来ているという意味もあります。

次のページへ >

-スピリチュアル