生理の時に眠いのはなぜ?そこにはスピリチュアルな意味があった!

女性なら生理の時になぜか眠くなるという経験があるのではないでしょうか?それはホルモンバランスが関係していて、生理の時はなるべくゆっくりとした時間を過ごし、ゆったりできるようになっているんです。女性の身体は宇宙や月と深い関係があります。そのため、実は生理のときに眠くなるのはスピリチュアルな意味が隠されています。今回は生理の時に眠くなるスピリチュアルな意味をお伝えしていきます。

生理のときに眠くなるスピリチュアルな意味とは?

生理の時は人によって生理痛が激しい人もいます。P M Sに悩まされる場合もあり、慌ただしく過ごすよりもなるべくゆっくり過ごしたいものです。生理の時に眠くなったら寝れるときは寝る時間を作った方が良いですが、なかなかそうもいきませんよね。生理のときに眠くなるのはどんな意味があるのでしょうか?最初にそのスピリチュアルな意味をお伝えしていきます。

エネルギーをチャージして蓄える時

生理は女性にとっても人類にとてもとても大切なことです。そのため、エネルギーを蓄えておきなさいよ、というメッセージでもあります。スピリチュアル的な役割としては、気力を失っている元気のない時は行動が消極的になったり何に対してもヤル気が起こりません。必要なエネルギーをチャージして、元気に何事にも挑戦できるように身体が身体の中のコンディションを整えてくれているのです。エネルギーが十分な時はそれほど眠くならないこともありますが、それは補わないといけないほどエネルギーが不足していないからです。眠気が来たらこれはエネルギーをチャージする時だと思ってゆったり過ごしましょう。

子宮や自分の身体を浄化する時

生理は子宮の働きの一つですが、妊娠したら赤ちゃんが過ごす大切な場所でもあります。言い換えれば魂が宿るとても神聖な場所なので、良い状態を保つために子宮を浄化しているともいえます。子宮は女性にとって大切な器官でもあり、神聖で波動が高い場所と言われています。ストレスをかけて悪い気を蓄積しないように清らかにしようとする働きで眠くなっているということです。子宮は波動が高い器官なのでエネルギーも必要としていて疲れやすい場所です。そのためゆっくり過ごして浄化し、良い状態を保つようにしましょう。

イライラを放出する

生理の前後はイライラするという女性は多いと思います。これもホルモンバランスが原因で起こる症状なんですが、生理の時に眠くなるのはそのイライラを放出する意味もあります。イライラしている状態が長引くのは、心も身体も万全のコンディションとは言えません。イライラしている気持ちを鎮め、落ち着いて過ごせるように眠気が来ているという意味もあります。

眠気を感じるタイミングの意味

生理の時の眠気の感じ方や眠気の強さ、時間帯も様々あります。一日中眠気が続く時は仕事や勉強などに差し支えてしまう場合もありますよね。また、どのタイミングで眠気が来るのかによって意味が変わってきます。次は眠気が起こる時間帯別の意味や、眠気の種類によっての意味をお伝えしていきますね。

ずっと続く眠気は心と身体のバランスを整える時

生理中の眠気は、寝ても寝ても眠い、という状態が続きます。その場合は、心と身体のバランスが乱れてエネルギーが低下している可能性が有ります。エネルギーが低下すると良い運気を見逃してしまいます。自分でも自分の体調が悪く感じてしまい、普段は簡単にできることも気が重く、なんとなく全てのことが億劫になってしまいます。眠気がずっと続く時はバランスが崩れた心と身体を整えようとしているサインなので、どちらもスッキリしてリセットできるくらいゆっくり休めると良いです。

生理前半に来る眠気は節目のサイン

生理のときに眠くなるには生理前や生理前半が多いです。これは女性としての節目を感じるタイミングという意味があります。女性は出産して生命を生み出す役割があります。それはとても神秘的なことで生理もそのためには重要な役割をしています。普段、生理が来ることは自然なことなので、神秘的だとか重みをもって考える機会は少なく、毎回何気なく過ぎていってしまいます。生理前半に眠くなる時は、なぜ生理が来るのか?生理がなかったらどうなるのか?など奇跡的な生命の営みを感じる時でもあります。

急激な眠気は本当に休みが必要

本当に眠気が強過ぎてどうしようもない時もあります。それは身体がエネルギーを蓄え、これから訪れる高い波長に備えなさいよ、と伝えてきている時です。それに必要なエネルギーが不足しているので、一刻も早くエネルギーを充電する時だということを表しています。仕事や授業などで今すぐに眠るというのが難しいかもしれませんが、無理して頑張っていると居眠り運転や電車を乗り過ごすということにもなり兼ねません。できるだけ眠気がスッキリする程度の休息を取れるように意識しておきましょう。

生理で眠気を感じる時の過ごし方

最後に生理前後に眠くて仕方ない時のおすすめの過ごし方をご紹介していきます。なかなか難しいかもしれませんが、できるだけゆっくり過ごせるようにしましょう。

意識的に昼寝をして眠気をリセットする

生理前後は十分な睡眠をとっていても日中に眠くなってしまうことが多いです。しかし、昼間には起きていないと!という気持ちから眠気に勝とうと頑張ってしまいます。眠気が来た時にはほんの少しでも寝る時間が確保できるとスッキリしてリフレッシュできます。本来起きていないといけない時間に意図的に寝るのは、なんだかだらだらしているような気がしてしまいますが、10分程度でも寝る時間があるとその後のコンディションが変わってきます。

なるべく人に会わないようにして自分の時間を作る

生理が来るときには魂や子宮の浄化が行われているときでもあります。生理のときに眠気が強いと気分も上がらず、人と会うのも億劫になってしまいがちです。魂や子宮の浄化が行われえている生理の時は、自分のエネルギーも不安定になっています。その時に会う人の気やエネルギーに左右されてしまうので、自分と向き合う時間を作りゆっくり自分を見つめてみるのがおすすめです。女性であることや生命の神秘などについて感じてみるのも良いですね。

身を清めることをする

生理が起こる子宮はとても神聖で神秘的です。生理のときの眠気は魂や子宮、自分のエネルギーの浄化作用があるので、身を清めることをするのもおすすめです。女性の神様が祀られている神社に参拝したり、生理前であれば温泉に行って、身体を温めながら心と身体のデトックスをするとリフレッシュできます。身体を温めると血液の巡りもよくなるので良い気が巡りやすくなります。自分の時間をしっかり作り、自分と対話する良いきっかけになるかもしれません。

まとめ

今回は「生理の時の眠気」のスピリチュアルな意味をお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?スピリチュアル的な意味でも生理の眠気には深い意味があり、医学的にもホルモンバランスの面から見て眠気が強くなる時です。生理は毎月のことなので、眠気が強いと体調にもメンタルにも影響してしんどくなってしまう可能性があります。少しでも快適に意味のある時間にしたいものですね。



占いちゃん

占いちゃん

「占いちゃんは考えた」は占いで暮らしを豊かにすることを目指すWEBメディアです。占いを通して、読者の皆様の生活が楽しくなるキッカケをお届けしたいと運営しています。真摯に読者さんと向き合って、楽しくなる占い情報をお届けしていきます。また、占いは人の悩みを解消の糸口になりますが、相談者の心の弱みにつけこんだ悪質な占いもあります。鑑定料と称し高額な金額を請求する占い師もいます。そういった被害が起きないようにも「占いの正しい付き合い方」、「占い前に準備すること」、「占いって当たるの?」といった記事も書いていますのでぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。私たちが生まれる大昔から占いは人々の生活を送る上での知恵となってきました。占いによって人生を好転した方も沢山いらっしゃいます。「占いちゃんは考えた」では面白い・楽しい占い情報をお届けしながら、読者皆様の人生が少しでも開運する手助けができたらなと思い運営しています。ぜひ記事を読んでいただけたら嬉しいです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。