手相占いの要である生命線を解説

手相占いの要である生命線を解説 占い

手相の線といって、皆さんがまず思い浮かぶのが 

生命線ではないでしょうか。 

生命線は、その名の通り、 

人の命に関係する、とても大切な線であり、 

その形状は人それぞれです。 

このページでは、生命線にフォーカスし、 

細かく分析していきます。 

あなたは、どんなタイプの生命線を持っていて、 

それによって、どのような事が分かるのでしょうか? 

人は持っている手相の通りに生きると、 

運気もアップするといわれています。 

逆に手相に反する生き方をすると、 

“らしくない”事に繋がり、ストレスが溜まり、 

生きづらさを感じてしまいます。 

あなたの人生におけるヒントが 

何か隠されていると思いますので、 

ぜひ参考にしてみてくださいね。 

右利きの方は右手。 

左利きでしたら、左手を現況の手相として 

ご覧になってみてください。 

 

手相の生命線とは 

人差し指の少し下から手首に向かって、 

縦に延びている線が生命線です。 

右手で見てみると、ひらがなの”て” の字の様な形状が中央にあると思います。 “て”の字の縦部分の線です。 

手相には、特殊な線や、 

非常にレアな線というのもあり、 

自分は持っていても、人にはない線があったり、 

その逆もあります。 

人の個性がそれぞれな様に、 

手相も個性があるんですよね。 

生命線は、大半の人が持っている、 

とても基本的で、中心となる線といえるでしょう。 

寿命や健康状態、体力、 

その人の持つエネルギー値などを 

知ることができます。 

長さや、濃さ、太さ、張り出し方 

(真っ直ぐではなく、弓のように張りがある)、 

分岐している等、 

様々なバリエーションがあって、

非常に興味深いです。 

 

新規無料会員登録で10分無料の電話占いはコチラ

良い生命線とは? 

濃い、太い、長い、 

弓のように張り出しているというのが、 

状態の良い生命線です。 

生命力に満ち溢れており、 

健康状態も安定しています。 

どんな環境でも生きていけるような逞しさがあり、少々の事では挫けません。 

長ければ長いほど寿命も長くなります。 

ぐいっと弓のように張り出した生命線は、 

子孫繁栄を意味しており、 

精力の強さの象徴でもあります。 

非常にタフで、疲れ知らずの人です。 

よく見えないくらい薄かったり、 

力なく細かったり、短かったりすると、 

逆の意味になってしまうことが多いです。 

また、生命線を2本持っている人も、 

稀に見られることがあります。 

生命線の外側に沿っで流れる、 

火星線と呼ばれる線です。 

2本あるということは、通常の2倍くらい元気! 

というイメージを想像してみてくださいね。 

周りが驚くほどパワフルな人といえるでしょう。 

 

分岐した生命線 

生命線の下方が、二股に分かれている人がいます。 

離郷線、海外線、旅行線、グローバル線と、 

呼び方は様々ですが、 

一つの所に落ち着くタイプの人ではありません。 

若いうちに実家を離れるとか、海外に住む、 

フットワーク良く動き回る人に与えられた線です。 

外国に住まなくても、 

仕事や友人関係で、海外との交流があったり、 

外国の文化に非常に興味がある人も多いです。 

国際結婚をしている人は、 

圧倒的にこの線を持つ人が多いですね。 

航空会社や、ツアーコンダクター、通訳、

転勤の多い仕事などが適職でしょう。 

デスクワーク中心の仕事をするより、 

外回りなどで、 

あちこち動き回る仕事が良さそうですね。 

分岐していない一本線の人は、 

故郷、実家との縁が深かったり、 

地元から離れずに仕事をする人が多いでしょう。 

経営者が身内にいたり、 

親の商売を手伝っているケースもありますよね。 

地元を離れずにいた方が、 

色んなバックアップを受けやすく、 

開運できるタイプといえるでしょう。 

 

切れ切れの生命線 

生命線が途中から切れていたり、所々切れていて、 

完全に一本になっていない人もいます。 

切れている場所で、 

何歳くらいに健康上のトラブルが起きるのかを 

推測することができます。 

人生100年だと仮定して、 

生命線の真ん中くらいで線が切れていたら、 

50歳前後で、健康上の問題が起きるということです。線の下方にいくに従って年齢が上がりま す。 

そして、切れ目が大きいほど 

(切れている空白部分が大きい)ほど 

事態は深刻になりやすいといわれています。 

空白の期間は、 

生命力が非常に落ちるという警告ですから、 

大事故に遭って生死の境を彷徨ったりする可能性も 

あります。 

大病を患い、生命線が切れていたけど、 

手術したら線 が繋がったという人もいます。 

 

短い生命線 

生命線が短いから、 

必ずしも短命というわけではありませんので、 

安心してくださいね。 

例え短くても、 

先にお伝えした火星線(生命線に沿った外側の線)が 

あれば、二重生命線という事になりますから、 

生命力を補う力があります。

また、生命線の内側に線 

(手首から中指に向かって登っていく運命線)が あれば、気力が体力をカバーしてくれます。 まさにお助け線!ありがたいですよね。 

そして、運命線は、火星線同様、 

誰もが与えられる線ではありません。 

非常にやる気があったり、生きる意欲、 目標がある人に出てくるポジティブな線ですから、 とても強いサポートをしてくれるのです。 

 

細い生命線 

生命線が細いと、体が弱いのかな? 

病気になってしまったらどうしよう、って 疑心暗鬼になりますよね。 

あまりエネルギッシュではないイメージの細い線。。 

確かに細い生命線の持ち主は、 

元気印というわけではありません。 

太陽と月に例えるなら、 

ひっそりと佇む月の人です。 

周りをパッーっと明るく照らす太陽と異なり、 朧げに柔らかな光で周りを照らします。 テンションも低めで、 

もの静かなタイプの人が多いでしょう。 

慎重で用心深いので、体が強くなくても、 こまめに病院に行ったり、薬を飲んだりして 予防やメンテナンスを怠りません。 

体力に自信がないからこそ、無理はしないのです。 その結果、大病に至らないという 

メリットがあります。 

体調管理は、長生きするためには、 

とても大切な事ですよね。 

 

生命線上のホクロの意味とは? 

手の内側に、ホクロが現れることが時々あります。 そして、気が付かないうちに 

消えていったりします。 

ホクロは、手の平の真ん中にあれば、 

とてもラッキーな”福つかみ”といわれますが、 線状にあると、”乱れ”を象徴し、

気をつけなければいけません。 

生命線上にあるホクロは、 

線上のどの位置にあるかによっても 

解釈は変わって きます。 

生命線の上の方(起点)にある場合は、 

幼少期に病弱だったり、 

大病を患う可能性を伝えています。 

親御さんは、 

子供の手をマメにみてあげると良いでしょう。 

真ん中あたりにある場合は、 

中年期の肝臓や消化器系の病気に注意です。 特にお酒をたくさん飲む方は、 

少し控えてくださいね。 

急性胃腸炎などにも気をつけてください。 

生命線の下の方にあるホクロは、 

晩年に突発的な災難に見舞われる危険が高い事を 意味します。 

人生の終盤で災難なんて!と、 

思うかもしれませんが、人生いつか終わりが来ます。 いつ何が起きてもいいように、毎日を悔いなく 精一杯生きる事にフォーカスしましょう。 

 

まとめ

手相は、環境やライフスタイルによって 

変化していきます。 

ハッキリとした濃くて太い生命線が理想ですが、 そうでなかったとしても、 

対応策が見つかる場合も多くあります。 

ご自身の手と、じっくり向き合って、 

弱点を発見して早期解決したり、 

ご自身の強み生かしていけると良いですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました